接続詞を使って、文と文を繋げる方法 英語文法解説 初級編 part 97

文法解説-初級編
学習塾での指導歴8年以上の筆者が、
塾に通う中・高生たちから、「分かりやすい!」
評判の英文法解説を、記事にしました。

参考にするテキストは、ケンブリッジ大学で出版している
文法書シリーズです。初級編・中級編・上級編を、それぞれ
解説していきます。

簡単なイラストを交えながら、読む人にとって分かりやすく、
易しい文法解説をしたいと思っています。

中学生の学校の復習はもちろん、高校生のテスト対策
社会人の英語の学び直しまで、用途に合わせて使える
英語の文法学習を提供出来れば良いなと思っています。
ぜひ、ご活用下さい!

スポンサーリンク

第97回:接続詞の使い方を確認

今回は、文と文を繋げて、1つの文にする方法を
確認していきます。

 

Q. この記事で、一番大事なことって何?

A. 大事なことを、1枚の画像にまとめました。

いちいちノートにまとめるのが面倒だという方、また、
ノートにまとめることが苦手だという方は、ご活用ください。

接続詞の使い方のまとめ画像

日本人の講師と学んで英語を使う不安を減らし
ネイティブの講師とのレッスンで、学んだことを活用する
そんな、体系的な英会話のレッスンを提供している、
オンライン英会話スクールのリンクはこちら。

Q. 接続詞って、なに?

A. 単語と単語や、文と文を繋げる言葉のことです。
and / but / or / so / because などがあります。

今回は、これらの言葉を使って、2つの文を1つにまとめてみましょう。

「and / but / or」 を活用する

and / but / or に関しては、例文を中心に確認してみましょう。

  • He stayed at home and played the piano.
    (彼は家に留まって、ピアノを弾いた。)
  • He likes her, and she likes him.
    (彼は彼女のことが好きで、彼女は彼のことが好きだ。)
  • I bought this book, but I did not read it.
    (私はこの本を買ったが、読まなかった。)
  • I got home, sat down in a chair and fell asleep.
    (私は家に帰り、椅子に座って、そのまま寝た。)
使い方①

「and」を使う場合、
一文目と二文目の主語が同じ時は、
二文目の主語を省略する。

使い方②

3つ以上のことを並べる時には、
「and」は、最後の2つのことを繋げる時だけに使う。

「so」 を活用する

  • I don’t like travelling, so I haven’t been to many places.
    (私は旅行が嫌いだから、多くの場所に行ったことがない。)
  • I was tired, so I went to bed.
    (私は疲れていたから、寝た。)

「so」は何かの結果を表し、「だから」と訳すことが普通です。
文の順番としては、
「[原因], so [結果]」
となるので、日本語と同じような感覚で使うことが出来ると思います。

「because」を活用する

  • I haven’t been to many places because I don’t like travelling.
    (私は多くの場所に訪れたことがない。なぜなら旅行が嫌いだからだ。)
  • Because I was tired, I went to bed.
    (私は疲れていたから、寝た。)

「because」は何かの理由を表します。
理由となる文の前で「because」を使うことが大切です。
慣れるまでは、「なぜなら」と訳しておくと良いと思います。

また、「because」を使う時には、2通りの文の表し方があります。
①「[結果] because [理由]」
②「Because [理由], [結果]」
文の先頭で「because」を使う時には、
結果を表す文の前で、コンマ(,)を忘れないようにしましょう。

確かな英語力は、日々の継続から。
その継続を後押しする、第二言語習得理論に基づいた
オンライン英語学習プログラムがあります。
英語を使う人のための、確実なスキルアップが望める
良心設計の月額サービスは、こちらから。

 

Q. これらの表現を使うと、どんな文ができるの?

A. 例文を何個か書いておきます。

He went to the window and looked out.
(彼は窓に向かって歩き、外を見た。)

Do you want me to come with you, or shall I wait here ?
(あなたは、私と一緒に出かけたいですか?それとも
ここで待ってましょうか?)

They couldn’t play soccer because it was raining.
(彼らはサッカーが出来なかった。なぜなら雨が降っていたからだ。)

She was late because there was a lot of traffic.
(彼女は遅刻した。なぜなら、渋滞がひどかったからだ。)

国内にいながら、海外留学さながらの体験が出来るプランがあります。
第二言語習得理論に基づいた、最も効率的な英語学習を、
国内のホテルで、かつ、短期集中で取り組むことが出来ます!
週末の手頃な非日常体験として、国内での留学体験はいかがでしょうか?
そんな、ホテル滞在型、国内留学プランの申込みは、こちらから。

 

Q. これらの表現は、どんな時に使えるの?

A. この表現が使える場面をイラストにしてみました。

イラストで分かる接続詞の使い方

自分の好きな動画コンテンツを使って、英語学習を楽しもう!
リスニングを始め、読解の練習も出来る便利な英語教材。
好きなアニメから、好みのセリフを身につけられる、
そんなサービスの概要は、こちらから。

 

補足:イラストの日本語訳

※注)多少、意訳しております。

I want this jewel, that bag and this watch.
私は、この宝石とあのカバンと、この時計が欲しい。

I want to live happily, so I want many things.
私は幸せに暮らしたいの。だから多くの物が欲しい。

You don’t need to have so many things because you already have a lot.
そんなに多くの物は必要ないと思う。
なぜならあなたはもう多くの物を持っているから。

子どもに英語を学ばせたい!
けど、子どもは、なかなかやる気にならない…
ならば、親子で一緒に英語を勉強してみれば良いじゃない!
英語を学ぶ全ての人に親身になってサポートしてくれる講師が
教えてくれる、オンライン英会話スクールは、こちらから。

 

Q. この記事の要点は?

A. 5種類の接続詞の使い方を確認しました。

「because」を使った際の文の表し方は、
2種類あるので、気をつけておきましょう。

文法は、スポーツで言うところのルールブックみたいなもの。
英語学習のゴールは、英語を使えるようにすること!
英語を使うとは、スポーツで言うと、試合に出るようなもの。
試合にでる、つまり、会話で活用できるようにするためには、
練習をしないといけません。
文法を自由自在に活用するために、
第二言語習得理論という学問の観点から作られた、
一人でもスピーキングの基礎練習ができる参考書があります。
参考書も、自分に合った物を選ぶことが大切ですが、
英会話に割く時間がない方は、
この参考書で、一人でも英会話の練習が出来るはずです

 

次回の文法解説は?

接続詞「when」の使い方

英語のミスを、しっかり矯正したいですか?
このオンライン英会話スクールでは、
レッスン時に言った内容を、文字に起こして、
丁寧なフィードバックをしてくれるので、
ミスを1つずつ直していくことが出来ます。
ミスを直し、ワンランク上の英語力を身につけるなら、
こちらのオンライン英会話は、いかがでしょうか?

 

この記事を作る際に参考にした文法の解説書になります。
すべて英語で書かれていますが、練習問題が付いてます。
イギリス英語なので、スペル等の表記が異なる部分もありますが、
「使い方を練習したい」「繰り返し問題を解きたい」
という方は、使ってみても良いかもしれません。

他の文法解説記事を検索できます。

スポンサーリンク

 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました