TOEIC Part 7 対策!(共通テスト対策にも!)無料の長文対策問題9(解説付き)

TOEIC & 共通テスト対策

TOEICの長文対策をしたい!特にPart 7!
と思った時に、表があったりして、対策するにもテキストが…
なんて時代が終わるかも!?
気になったニュースのトピックを活用して、
TOEIC Part 7風の長文問題を作ってみました。
雰囲気、高校生の共通テストの対策にもなりそうです。

らびっと

らびっとです。
英語好き。ピアノと紅茶は趣味です。

英語学習に多くの時間を割いてきて、第二言語習得理論を大学で学んだ経験を活かしながら、英語学習のためのコンテンツや、勉強法を発信しています!

らびっとをフォローする
スポンサーリンク

TOEIC Part 7 – 1 (passage)

India, one of the world’s largest rice exporters, recently imposed a ban on the export of non-basmati white rice to mitigate the impact of rising domestic prices. The decision came as a response to the economic challenges posed by the COVID-19 pandemic. Non-basmati white rice, widely consumed within India, forms a staple part of the diet for millions of people. The ban aims to stabilize the domestic market and ensure sufficient supply at affordable prices for Indian consumers. However, the restriction has also sparked concerns among rice-exporting countries that heavily rely on India’s rice shipments. As the situation unfolds, India’s focus remains on addressing its internal food security concerns while keeping international trade partners informed about the evolving measures.

TOEIC Part 7 – 1 (questions)

  1. Why did India impose a ban on the export of non-basmati white rice?
    a) To address domestic price spikes
    b) To increase international trade
    c) To promote rice consumption within India
    d) To support rice-exporting countries
  2. What role does non-basmati white rice play in India?
    a) A luxury food item for special occasions
    b) A staple part of the diet for many people
    c) An expensive and rare delicacy
    d) A product exclusively grown for export
  3. What are the concerns raised by the ban on non-basmati white rice exports?
    a) India’s focus on internal food security
    b) Stabilizing the domestic market
    c) Its impact on international trade partners
    d) Addressing economic challenges of COVID-19

TOEIC Part 7 – 1 (answers)

  1. a) To address domestic price spikes

Explanation: The passage mentions that India imposed the ban on the export of non-basmati white rice to mitigate the impact of rising domestic prices.

  1. b) A staple part of the diet for many people

Explanation: The passage states that non-basmati white rice is widely consumed within India and forms a staple part of the diet for millions of people.

  1. c) Its impact on international trade partners

Explanation: The passage mentions that the ban has sparked concerns among rice-exporting countries that heavily rely on India’s rice shipments. The concern is about how this restriction will affect those trade partners.

TOEIC Part 7 – 1 (translation)

インドは世界最大の米輸出国の一つであり、最近、国内価格の上昇に対処するため、ノンバスマティ白米の輸出を禁止しました。この決定は、COVID-19パンデミックによる経済的な課題への対応として行われました。ノンバスマティ白米はインド国内で広く消費され、何百万人もの人々の食生活の主要な部分を形成しています。この輸出禁止は、国内市場を安定させ、インドの消費者に手頃な価格で十分な供給を確保することを目的としています。しかし、この制限は、インドの米の出荷に強く依存している米輸出国にも懸念を引き起こしました。状況が進展するにつれて、インドは国内の食の安全保障に対処することに焦点を当てながら、国際貿易パートナーに対して進展中の対策について情報提供を続けています。

TOEIC Part 7 – 2 (passage)

India’s Ban on Non-Basmati White Rice Exports

In response to soaring domestic rice prices and concerns over food security, India has imposed a ban on the export of non-basmati white rice. The decision, announced by the government, aims to ensure a stable supply of rice within the country and mitigate the impact of rising prices on its citizens.

The ban specifically targets non-basmati white rice, as it is a staple food for millions of Indians and plays a crucial role in their daily diets. By restricting its export, the government seeks to prioritize the needs of its own people during times of economic uncertainty and fluctuations in global commodity markets.

India is one of the world’s largest producers and consumers of rice, making any disruption in its rice market a matter of global significance. The export ban is set to be in effect until further notice, and its implementation is closely monitored by both domestic and international stakeholders.

TOEIC Part 7 – 2 (questions)

  1. Why did India impose a ban on the export of non-basmati white rice?
    A) To address concerns over food security and stabilize domestic rice prices.
    B) To increase rice production for export to other countries.
    C) To reduce rice consumption within the country.
    D) To encourage the import of rice from other nations.
  2. Which type of rice is specifically targeted by the ban?
    A) Basmati white rice.
    B) Jasmine rice.
    C) Non-basmati white rice.
    D) Brown rice.
  3. What role does non-basmati white rice play in India?
    A) It is a luxury food item for special occasions.
    B) It is an essential part of the daily diet for many Indians.
    C) It is primarily used for animal feed.
    D) It is exported to generate revenue for the government.
  4. Why is India’s ban on non-basmati white rice considered significant globally?
    A) India is the largest consumer of non-basmati white rice.
    B) The ban affects the global commodity market.
    C) The ban will lead to a shortage of rice in other countries.
    D) India is the world’s leading exporter of basmati rice.
  5. How long will the ban on non-basmati white rice exports be in effect?
    A) Until the next harvest season.
    B) Until it is approved by international stakeholders.
    C) Until further notice.
    D) Until India’s economic situation stabilizes.

TOEIC Part 7 – 2 (answers)

  1. インドが非バスマティ白米の輸出を禁止した理由は何ですか?
    A) 食料安全保障への懸念を解消し、国内の米価を安定させるため。
  2. 禁止対象の米はどのタイプですか?
    C) 非バスマティ白米。
  3. 非バスマティ白米はインドにおいてどのような役割を果たしていますか?
    B) 多くのインド人にとって、日常の食事に欠かせないものです。
  4. インドの非バスマティ白米輸出禁止が世界的に重要視される理由は何ですか?
    B) その禁止が世界の商品市場に影響を及ぼすため。
  5. 非バスマティ白米の輸出禁止はどれくらいの期間、有効となりますか?
    C) Until further notice(当面の間)。

TOEIC Part 7 – 2 (translation)

非バスマティ白米の輸出禁止措置

インドは国内の米価の高騰と食料安全保障への懸念に対応して、非バスマティ白米の輸出を禁止する措置を実施しました。政府によるこの決定は、国内の米の供給を安定させ、上昇する価格が市民に与える影響を緩和することを目的としています。

この禁止措置は、特に非バスマティ白米を対象としています。非バスマティ白米は数百万のインド人にとって主食であり、日常の食生活において重要な役割を果たしています。その輸出を制限することにより、政府は経済不安定時やグローバルな商品市場の変動期において、自国民のニーズを優先したいと考えています。

インドは世界最大の米の生産国であり、消費国でもあります。そのため、米市場における何らかの混乱は世界的な重要課題となります。この輸出禁止措置は、当面の間有効とされており、その実施は国内外の利害関係者によって密接に監視されています。

TOEIC Part 7 – 3 (passage)

India’s Ban on Non-Basmati White Rice Exports

Amidst concerns over rising domestic food prices, India, one of the world’s largest rice exporters, has taken a significant step to address the issue. The Indian government recently imposed a ban on the export of non-basmati white rice to curb the spikes in domestic rice prices. This decision comes as a response to the ongoing global food crisis and the impact of inflation on essential commodities. Non-basmati rice constitutes a substantial portion of India’s rice exports, and by restricting its international trade, the government aims to ensure an adequate and stable supply of rice within the country.

The ban on non-basmati white rice exports has sparked debates and discussions among various stakeholders. Some critics argue that such a measure could have negative consequences for farmers and the overall agricultural economy. Non-basmati rice growers, who heavily rely on export markets, may face income losses due to the restricted trade opportunities. Additionally, trade partners that rely on India’s rice exports may seek alternative suppliers, leading to potential trade challenges for the country. On the other hand, supporters of the ban assert that prioritizing domestic consumption is essential to safeguard food security in India. With the uncertainty surrounding global food supplies and rising prices, ensuring sufficient rice availability for the country’s population becomes a primary concern. The ban on non-basmati white rice exports signals the government’s commitment to mitigating the impact of inflation on essential food items and ensuring stability in domestic markets.


Deduction:

The ban on non-basmati white rice exports in India highlights the complex interplay between national food security and global trade dynamics. While the decision aims to stabilize domestic rice prices and protect the interests of Indian consumers, it also sheds light on the broader challenges of managing food crises in a globalized world. With interconnected supply chains and increasing reliance on international trade, addressing food shortages and price spikes requires a delicate balancing act between domestic needs and global obligations. Additionally, the ban on non-basmati white rice exports opens discussions about the need for long-term sustainable agricultural practices and investments in infrastructure to enhance domestic production and reduce dependence on volatile global markets.

TOEIC Part 7 – 3 (questions)

  1. Why did India impose a ban on non-basmati white rice exports?
    a) To address concerns over rising global food prices.
    b) To prioritize domestic rice consumption and stabilize prices.
    c) To increase India’s rice exports to other countries.
    d) To promote the growth of non-basmati rice cultivation.
  2. What are some potential consequences of the ban on non-basmati white rice exports?
    a) Increased income for non-basmati rice growers.
    b) Potential trade challenges for India’s trade partners.
    c) A decrease in rice availability for Indian consumers.
    d) Enhanced global trade opportunities for India.
  3. What is the primary concern that led to the ban on non-basmati white rice exports?
    a) The impact of inflation on essential food items.
    b) Ensuring sufficient rice availability for the global population.
    c) The need to expand agricultural exports.
    d) The economic challenges faced by non-basmati rice growers.
  4. What does the ban on non-basmati white rice exports in India reveal about the challenges of managing food crises in a globalized world?
    a) The need for more agricultural subsidies to support farmers.
    b) The importance of reducing domestic rice consumption.
    c) The need for stronger international trade agreements.
    d) The delicate balancing act between domestic needs and global obligations.
  5. What are some potential solutions to reduce India’s dependence on volatile global markets for rice supply?
    a) Imposing stricter export bans on agricultural products.
    b) Prioritizing domestic rice consumption over other food items.
    c) Investing in sustainable agricultural practices and infrastructure.
    d) Reducing the overall production of non-basmati rice.

TOEIC Part 7 – 3 (answers)

  1. Why did India impose a ban on non-basmati white rice exports?
    答え:b) 国内の米消費を優先し、価格を安定させるためです。
    説明:インドは、国内の食品価格上昇への懸念を背景に、国内最大の米の輸出国の一つとして、重要な措置を講じました。インド政府は最近、非バスマティ白米の輸出を禁止しました。これは国内の米価の急騰を抑制するための措置であり、続く世界的な食料危機とインフレーションの重要な影響に対する対応として行われました。
  2. What are some potential consequences of the ban on non-basmati white rice exports?
    答え:b) インドの貿易パートナーにおける潜在的な貿易課題です。
    説明:非バスマティ白米の輸出禁止の潜在的な影響は、インドの貿易パートナーにおける潜在的な貿易課題です。インドの米輸出に依存している貿易パートナーは、代替の供給源を探し求める可能性があり、インドにとっては貿易上の課題となります。
  3. What is the primary concern that led to the ban on non-basmati white rice exports?
    答え:a) 必需品に対するインフレーションの影響です。
    説明:非バスマティ白米の輸出禁止に至った主要な懸念は、必需品に対するインフレーションの影響です。世界的な食品供給の不確実性と価格の上昇により、インドの人口に対する十分な米の供給を確保することが主要な懸念となりました。非バスマティ白米の輸出禁止は、政府が必需品のインフレーションの影響を緩和し、国内市場の安定を確保することへの取り組みを示しています。
  4. What does the ban on non-basmati white rice exports in India reveal about the challenges of managing food crises in a globalized world?
    答え:d) 国内のニーズとグローバルな義務の微妙なバランスが必要です。
    説明:非バスマティ白米の輸出禁止により、インドでの食料危機を管理する際の複雑な相互作用が明らかになります。この決定は、国内の米価を安定させ、インドの消費者の利益を保護することを目指していますが、同時にグローバル化された世界における食料危機の広範な課題を浮き彫りにします。相互につながった供給チェーンと国際貿易への依存度が高まる中、食料不足や価格上昇への対応には、国内のニーズとグローバルな義務の微妙なバランスが必要とされます。
  5. What are some potential solutions to reduce India’s dependence on volatile global markets for rice supply?
    答え:c) 持続可能な農業の実践とインフラへの投資です。
    説明:非バスマティ白米の輸出禁止は、インドが不安定なグローバル市場への依存を減らす必要性についての議論を呼び起こします。これを実現するための潜在的な解決策としては、持続可能な農業の実践とインフラへの投資が挙げられます。これにより、国内生産の強化や揺らぎのあるグローバル市場への依存度の低下が可能となるでしょう。

TOEIC Part 7 – 3 (translation)

インドにおける非バスマティ白米の輸出禁止

国内の食料価格上昇への懸念の中で、世界最大の米の輸出国の一つであるインドが問題に対処するために重要な一歩を踏み出しました。インド政府は最近、国内の米価の急騰を抑えるために非バスマティ白米の輸出を禁止しました。この決定は、続く世界的な食料危機と必需品へのインフレーションの影響に対する対応として行われました。非バスマティ米はインドの米の輸出の大部分を占めており、国際貿易を制限することで、政府は国内の十分かつ安定した米の供給を目指しています。

非バスマティ白米の輸出禁止は、様々な関係者の間で議論と討論を巻き起こしました。一部の批評家は、このような措置が農民と全体的な農業経済に対して否定的な影響を及ぼす可能性があると主張しています。非バスマティ米の生産者は輸出市場に大きく依存しており、制限された貿易機会により収入が減少する可能性があります。さらに、インドの米の輸出に依存している貿易パートナーは代替供給源を求めるかもしれず、国にとって潜在的な貿易上の課題につながる可能性があります。一方で、禁止を支持する者は、国内消費を優先することがインドの食料安全保障に不可欠であると主張しています。世界的な食品供給の不確実性と価格の上昇を考慮すると、国の人口に対する十分な米の供給を確保することが主要な懸念となります。非バスマティ白米の輸出禁止は、政府が必需品のインフレーションの影響を軽減し、国内市場の安定を確保することへの取り組みを示しています。


推論:

インドにおける非バスマティ白米の輸出禁止は、国内の食料安全保障とグローバルな貿易の動態との複雑な相互作用を浮き彫りにしています。この決定は国内の米価を安定させ、インドの消費者の利益を保護することを目指していますが、同時に、グローバル化された世界における食料危機のより広範な課題にも光を当てています。相互に関連する供給チェーンと国際貿易への依存度が高まる中で、食糧不足と価格の急騰に対処するには、国内のニーズとグローバルな義務との間で繊細なバランスを取る必要があります。また、非バスマティ白米の輸出禁止は、長期的な持続可能な農業の実践とインフラへの投資の必要性についての議論を呼び起こします。これにより、国内生産の強化と不安定なグローバル市場への依存を減らすための取り組みについても考える機会が生まれます。

TOEIC Part 7 – 4 (passage)

Passage: India’s Ban on Non-Basmati White Rice Exports

The Measure to Tackle Domestic Price Spikes

In response to soaring domestic food prices and concerns over food security, India, one of the world’s largest rice producers, has taken a significant step to address the situation. The Indian government has imposed a ban on the export of non-basmati white rice, a staple food for many of its citizens. The ban aims to curb the rising prices of rice within the country and ensure an adequate supply for its population. Non-basmati rice varieties are commonly consumed by lower-income households, making it crucial to stabilize their availability and affordability. This move has raised debates over the effectiveness of export restrictions in tackling price spikes and the potential impact on global rice markets.

Experts argue that while the export ban may alleviate pressure on domestic prices in the short term, it could have broader consequences on the international rice trade. India is a significant player in the global rice market, and restricting its exports could lead to supply shortages and price fluctuations in importing countries, especially those heavily reliant on Indian rice. Moreover, concerns arise about potential retaliatory measures from trading partners and potential disruptions in international trade relationships. This ban also sheds light on the importance of developing robust food security strategies, sustainable agricultural practices, and international cooperation to address global food crises effectively.


The Role of Basmati Rice and Diversifying Agriculture

Amid the export ban on non-basmati white rice, basmati rice, known for its distinct aroma and flavor, remains unaffected by the restrictions. Basmati rice holds considerable value in both domestic and international markets, and its demand continues to grow. This exemption allows India to maintain its presence in the global rice trade while focusing on stabilizing the domestic rice market through the ban on non-basmati white rice exports. Additionally, the situation highlights the need for diversifying agriculture to ensure a more resilient food system.

Encouraging the cultivation of diverse rice varieties can reduce the country’s reliance on a single crop and enhance its ability to withstand external shocks such as extreme weather events or disease outbreaks. By promoting the cultivation and consumption of traditional, indigenous, and climate-resistant rice varieties, India can create a more sustainable and adaptable agricultural sector. Furthermore, investing in agricultural research and development can foster innovation, leading to higher crop yields, improved food quality, and increased climate resilience, contributing to long-term food security and economic stability.


New Perspective: The Interconnectedness of Global Food Security

India’s ban on non-basmati white rice exports highlights the delicate balance between addressing domestic price spikes and the potential repercussions on global food security. It emphasizes the interconnectedness of nations and the importance of collaborative efforts in managing food crises. Effective food security strategies should consider both local and global implications, acknowledging that actions taken in one country can impact others. Encouraging sustainable agriculture, crop diversity, and international cooperation are essential pillars in ensuring a stable and sustainable global food supply chain that benefits all nations and communities.

India’s Rice Export Data

YearBasmati Rice Export (in metric tons)Non-Basmati White Rice Export (in metric tons)
20174,500,0007,800,000
20184,800,0006,900,000
20195,100,0008,200,000
20205,300,0009,100,000
20215,600,00010,200,000

TOEIC Part 7 – 4 (questions)

  1. Why did India impose a ban on non-basmati white rice exports?
    a) To address domestic food security concerns.
    b) To promote basmati rice in the international market.
    c) To increase the export of traditional rice varieties.
    d) To reduce the overall rice production in the country.
  2. What is the primary concern regarding the export ban on non-basmati rice?
    a) The impact on global rice prices.
    b) The reduction in domestic rice consumption.
    c) The decline in India’s rice production.
    d) The decrease in basmati rice exports.
  3. Why is basmati rice exempted from the export ban?
    a) It is not widely consumed in India.
    b) Its demand in international markets is high.
    c) It has a lower production cost than non-basmati rice.
    d) It is not a staple food in India.
  4. How can promoting diverse rice varieties contribute to food security?
    a) By reducing the dependence on a single crop.
    b) By increasing the export of rice to other countries.
    c) By focusing on cultivating basmati rice exclusively.
    d) By adopting modern agricultural techniques.
  5. What is the significance of India’s role in the global rice market?
    a) It has the highest rice production in the world.
    b) It is known for producing unique rice varieties.
    c) It leads in exporting basmati rice to other countries.
    d) It can influence rice prices and availability worldwide.
  6. In which year did India export the highest amount of non-basmati white rice?
    a) 2017
    b) 2019
    c) 2020
    d) 2021

TOEIC Part 7 – 4 (answers)

  1. a) 国内の食料安全保障への対応
    インドが非バスマティ白米の輸出を禁止したのは、高騰する国内の食品価格と食料安全保障への懸念に対応するためです。
  2. a) グローバルな米の価格への影響
    非バスマティ米の輸出禁止に関する主要な懸念は、グローバルな米の市場への影響です。
  3. b) 国際市場での需要が高いため
    バスマティ米は国内外の市場で需要が高く、そのため非バスマティ白米よりも輸出禁止の対象外となっています。
  4. a) 一つの作物への依存を減らすことによって
    多様な稲作品種の促進により、一つの作物への依存を減らし、極端な天候や病気の発生などの外部の衝撃に対する耐性を高めることができます。
  5. d) 米の価格と供給に対して世界的な影響を持つため
    インドのグローバルな米の市場での役割は、米の価格と供給に対して世界的な影響力を持つことができるためです。
  6. d) 2021年
    インドは2021年に最も多くの非バスマティ白米を輸出しました。

TOEIC Part 7 – 4 (translation)

パッセージ:インドの非バスマティ白米輸出禁止

国内価格の急騰への対応策

国内の食品価格が急騰し、食料安全保障への懸念が高まる中、世界最大の米生産国であるインドが状況に対処するため重要な措置を取りました。インド政府は非バスマティ白米の輸出を禁止しました。非バスマティ白米は多くの市民にとって主食であり、この輸出禁止は国内の米価を抑制し、市民に十分な供給を確保することを目的としています。非バスマティ米の品種は低所得世帯によく消費されるため、その供給と手頃な価格の安定化が重要です。しかしこの措置は、価格上昇への対処に輸出規制がどれほど効果的か、そして国際的な米市場への潜在的な影響について議論を巻き起こしました。

専門家は、輸出禁止が短期的には国内価格の圧力を和らげるかもしれないとしながらも、国際的な米の取引に広範な影響を及ぼす可能性があると主張しています。インドは世界の米市場で重要なプレイヤーであり、その輸出を制限することは、インドの米に依存している国々に供給不足や価格変動をもたらす可能性があります。また、取引相手国からの報復措置や国際的な貿易関係の混乱への懸念も出ています。この輸出禁止は、堅固な食料安全保障戦略の開発、持続可能な農業慣行、国際的な協力の重要性を浮き彫りにし、グローバルな食料危機への対処に向けての指針となります。


バスマティ米の役割と農業の多様化

非バスマティ白米の輸出禁止の中で、バスマティ米はその独特の香りと味で知られており、輸出制限の影響を受けません。バスマティ米は国内外の市場で相当な価値を持ち、その需要は依然として高まっています。この例外措置により、インドはバスマティ米の輸出に重点を置きつつ、非バスマティ白米の輸出禁止による国内の米市場の安定化に注力することが可能です。さらに、この状況は農業の多様化の必要性を示しています。

多様な米の品種の栽培を促進することで、一つの作物への依存を減らし、極端な天候事象や疾病の発生などの外部のショックに対する耐性を高めることができます。伝統的な土着の米の品種や気候に強い品種の栽培と消費の促進により、インドはより持続可能で適応力のある農業部門を創造することができます。さらに、農業の研究開発への投資はイノベーションを促し、作物の収量向上、食品の品質向上、気候への対応力の向上につながります。これにより、長期的な食料安全保障と経済の安定に寄与します。


新しい視点:グローバルな食料安全保障の相互関係

インドの非バスマティ白米の輸出禁止は、国内価格の急騰への対処と世界的な食料安全保障への潜在的な影響との微妙なバランスを強調しています。これは国家間の相互関係と食料危機の管理における協力の重要性を示しています。効果的な食料安全保障戦略は地域的な影響と世界的な影響を考慮に入れる必要があります。一つの国で行われる措置が他の国に影響を及ぼす可能性を認識しながら、持続可能な農業や作物の多様性、国際的な協力の促進が安定かつ持続可能な世界的な食料供給チェーンを確保する上での重要な要素となります。

スポンサーリンク

[広告]
確かな英語力は、日々の継続から。
その継続を後押しする、第二言語習得理論に基づいた
オンライン英語学習プログラムがあります。
英語を使う人のための、確実なスキルアップが望める
7日間の無料体験はこちらから!

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました