TOEIC Part 7 対策!(共通テスト対策にも!)無料の長文対策問題16(解説付き)

TOEIC & 共通テスト対策

TOEICの長文対策をしたい!特にPart 7!
と思った時に、表があったりして、対策するにもテキストが…
なんて時代が終わるかも!?
気になったニュースのトピックを活用して、
TOEIC Part 7風の長文問題を作ってみました。
雰囲気、高校生の共通テストの対策にもなりそうです。

らびっと

らびっとです。
英語好き。ピアノと紅茶は趣味です。

英語学習に多くの時間を割いてきて、第二言語習得理論を大学で学んだ経験を活かしながら、英語学習のためのコンテンツや、勉強法を発信しています!

らびっとをフォローする
スポンサーリンク

TOEIC Part 7 – 1 (passage)

Passage:

In recent years, there has been a notable trend among public figures to use social media platforms as a means to issue apologies for various wrongdoings. While this approach allows for a more direct and immediate connection with the public, it also raises questions about the sincerity and effectiveness of these apologies. Critics argue that public figures may resort to social media apologies as a damage control strategy rather than a genuine expression of remorse. Additionally, the brevity of social media posts can sometimes undermine the depth and complexity of the apology. On the other hand, supporters of this trend highlight its accessibility and potential for accountability. The public can engage directly with the apology and express their reactions, creating a more interactive dialogue. However, the true impact of social media apologies remains a subject of debate, with some believing that personal, face-to-face apologies hold more authenticity and weight. As social media continues to shape communication norms, the nature and reception of public apologies continue to evolve.

TOEIC Part 7 – 1 (questions)

  1. What is the trend among public figures in issuing apologies?
    a) Using traditional media outlets for apologies
    b) Using social media platforms for apologies
    c) Avoiding apologies altogether
    d) Hiring spokespersons for apologies
  2. What concern is raised about social media apologies?
    a) They lack immediacy and accessibility
    b) They may lack sincerity and depth
    c) They are too lengthy and complex
    d) They exclude public engagement
  3. What advantage does using social media for apologies offer?
    a) It ensures privacy and confidentiality
    b) It allows for longer and more detailed apologies
    c) It provides immediate connection and public engagement
    d) It restricts public reactions and discussions

TOEIC Part 7 – 1 (answers)

  1. b) Using social media platforms for apologies

Explanation: The passage mentions that there is a trend among public figures to use social media platforms for issuing apologies.

  1. b) They may lack sincerity and depth

Explanation: The passage states that critics argue that social media apologies may be seen as a damage control strategy rather than a genuine expression of remorse, raising concerns about their sincerity and depth.

  1. c) It provides immediate connection and public engagement

Explanation: The passage highlights that supporters of using social media for apologies emphasize its accessibility and potential for accountability, allowing the public to engage directly and create a more interactive dialogue.

TOEIC Part 7 – 1 (translation)

Passage:

近年、公共の人物の間で、さまざまな過ちに対する謝罪を伝える手段としてソーシャルメディアプラットフォームを利用する傾向が顕著です。このアプローチは、一般の人々とより直接的かつ即時のつながりを可能にしますが、これらの謝罪の誠実さと効果について疑問が呈されることもあります。批評家は、公共の人物がソーシャルメディアの謝罪を、本当の後悔の表現ではなく、ダメージコントロールの戦略として利用する可能性があると主張しています。また、ソーシャルメディアの投稿の簡潔さは、謝罪の深さと複雑さを時に損なうことがあります。一方で、この傾向の支持者は、そのアクセス性と責任の潜在性を強調しています。一般の人々は謝罪に直接関与し、自分の反応を表現することができ、より対話的な対話を生み出すことができます。ただし、ソーシャルメディアの謝罪の真の影響は議論の対象であり、一部の人々は対面での個人的な謝罪の方が誠実で重要であると考えています。ソーシャルメディアがコミュニケーションの規範を形成し続ける中で、公の謝罪の性質と受容は進化し続けています。

TOEIC Part 7 – 2 (passage)

Passage 1:

The Impact of Public Figures’ Social Media Apologies

In an age of digital communication, public figures are increasingly using social media platforms as a means to issue apologies for their actions or statements. This trend has altered the landscape of public apologies, influencing both their reach and effectiveness. While social media provides a direct channel for public figures to address their audiences, the impact of these apologies is a subject of debate.

The immediacy of social media allows public figures to quickly respond to controversies and mistakes, reaching a wide audience without relying on traditional media outlets. However, the brevity of platforms like Twitter and Instagram can sometimes hinder the sincerity and depth of apologies. Critics argue that public figures may be more focused on maintaining their image rather than genuinely taking responsibility for their actions. Additionally, the lack of face-to-face interaction and non-verbal cues in online apologies can make it difficult to convey true remorse.

As social media continues to shape public discourse, it raises questions about the authenticity and lasting impact of apologies issued through these platforms. While some argue that these apologies can lack sincerity, others believe that they reflect a changing paradigm of public accountability and transparency.

TOEIC Part 7 – 2 (questions)

  1. What is the primary focus of the passage?
    A) The rise of social media platforms.
    B) The sincerity of public figures.
    C) The effectiveness of public apologies.
    D) The impact of digital communication.
  2. How has social media influenced public apologies?
    A) It has made them more traditional.
    B) It has made them less effective.
    C) It has changed their scope and impact.
    D) It has made them less frequent.
  3. What advantage does social media provide for public figures issuing apologies?
    A) It allows them to avoid responsibility.
    B) It helps them keep controversies secret.
    C) It enables them to reach a wide audience quickly.
    D) It lets them avoid direct interactions.
  4. According to critics, what could be a drawback of social media apologies?
    A) Their lack of brevity.
    B) Their lack of reach.
    C) Their lack of sincerity.
    D) Their lack of immediacy.
  5. What does the passage suggest about the future of public apologies?
    A) They will become even briefer.
    B) They will likely become more traditional.
    C) They will continue to evolve due to digital platforms.
    D) They will lose their impact.

TOEIC Part 7 – 2 (answers)

  1. パッセージの主な焦点は何ですか?
    C) 公的謝罪の効果です。
  2. ソーシャルメディアは公的謝罪にどのような影響を与えましたか?
    C) それらの謝罪の範囲と影響を変えました。
  3. ソーシャルメディアは公的人物にとってどのような利点を提供しますか?
    C) 速やかに広い観客に到達できるようにします。
  4. 批評家によれば、ソーシャルメディア謝罪の欠点は何ですか?
    C) 彼らの誠実さの欠如です。
  5. パッセージは公的謝罪の未来についてどのような示唆をしていますか?
    C) デジタルプラットフォームの影響によって引き続き進化するでしょう。

TOEIC Part 7 – 2 (translation)

公的人物のソーシャルメディア謝罪の影響

デジタルコミュニケーションの時代において、公的人物は行動や発言に対する謝罪を発表する手段として、ますますソーシャルメディアプラットフォームを利用しています。このトレンドは公的謝罪の風景を変え、その届達性と効果に影響を与えています。ソーシャルメディアは公的人物が観客に対して直接的にアプローチできるチャンネルを提供しますが、これらの謝罪の影響は議論の対象です。

ソーシャルメディアの即時性により、公的人物は素早く論争やミスに対応し、従来のメディアに頼ることなく広範な観客に到達することができます。しかし、TwitterやInstagramのようなプラットフォームの簡潔さは、時に謝罪の誠実さと深さを阻害することがあります。批評家は、公的人物が自己のイメージを維持することに焦点を当てる場合があり、その行動に対する真の責任を本当に取るのではない可能性があると主張しています。また、オンライン謝罪では対面のやり取りや非言語的な手がかりが欠如しているため、真の反省を伝えることが難しいとされています。

ソーシャルメディアが引き続き公共の議論を形成する中で、これらのプラットフォームを通じて発表される謝罪の真正性と持続的な影響について疑問が投げかけられています。これらの謝罪が誠実さに欠ける可能性があるとする意見もあれば、公共の責任と透明性の変わるパラダイムを反映していると考える人もいます。

TOEIC Part 7 – 3 (passage)

The Trend of Public Figures Using Social Media to Issue Apologies

In recent years, there has been a noticeable trend among public figures to use social media platforms as a means to issue apologies for their actions or statements. This shift in apology dynamics raises questions about the sincerity and effectiveness of such apologies. On one hand, the use of social media allows public figures to swiftly address their audience and take responsibility for their actions in a public forum. It offers a direct line of communication to their followers and allows for immediate dissemination of their apology. However, the brevity of social media messages can sometimes lead to apologies that appear superficial or insincere, lacking the depth of reflection and remorse that a more comprehensive apology might convey. Additionally, the public nature of these apologies invites public scrutiny and judgment, potentially putting more pressure on public figures to craft apologies that are not only sincere but also well-received by their audience.


The Impact on the Effectiveness of Apologies

The trend of using social media to issue apologies also intersects with the question of accountability. While social media provides an avenue for public figures to apologize, it can also lead to a perception of avoiding more direct and personal forms of accountability, such as face-to-face interactions. This can hinder the effectiveness of an apology, as individuals might view it as a convenient way for public figures to save face or protect their reputation. Moreover, the fast-paced nature of social media can contribute to a cycle of outrage and forgiveness that is fleeting. As public attention shifts to new events and topics, apologies issued through social media can be quickly forgotten, reducing their impact on driving meaningful change or reconciliation. Ultimately, while social media offers a platform for public figures to address their mistakes, the effectiveness of their apologies depends on various factors, including the depth of remorse, the perceived sincerity, and the willingness to take concrete actions to rectify the situation.

TOEIC Part 7 – 3 (questions)

  1. What is the noticeable trend among public figures in recent years?
    a) Avoiding social media platforms
    b) Issuing apologies through traditional media
    c) Using social media to issue apologies
    d) Ignoring public accountability
  2. Why might social media apologies sometimes appear superficial?
    a) Due to the depth of reflection and remorse
    b) Because of their brevity and limited content
    c) As a result of public scrutiny
    d) Due to their immediate dissemination
  3. How does the public nature of social media apologies affect public figures?
    a) It reduces the effectiveness of apologies
    b) It relieves them from public scrutiny
    c) It helps them maintain their reputation
    d) It makes face-to-face interactions unnecessary
  4. What impact can the fast-paced nature of social media have on apologies?
    a) It helps to quickly resolve conflicts
    b) It ensures a lasting impact on public opinion
    c) It contributes to a cycle of fleeting outrage and forgiveness
    d) It discourages public figures from using social media for apologies
  5. How can the effectiveness of a social media apology be improved?
    a) By avoiding public scrutiny
    b) By using complex language in the apology
    c) By taking concrete actions to rectify the situation
    d) By keeping the apology brief and concise

TOEIC Part 7 – 3 (answers)

  1. 最近の公共の人々の中で顕著な傾向は何ですか?
    a) ソーシャルメディアプラットフォームを避ける
    b) 伝統的なメディアを通じて謝罪する
    c) ソーシャルメディアを使用して謝罪をする
    d) 公的な説明責任を無視する

正解: c) ソーシャルメディアを使用して謝罪をする

解説: 最近の数年間、公共の人々の間で、行動や発言に対して謝罪する手段としてソーシャルメディアプラットフォームを使用する傾向が目立っています。

  1. なぜソーシャルメディアを通じた謝罪は時に表面的に見える可能性がありますか?
    a) 反省と悔恨の深さのため
    b) 簡潔で限られた内容のため
    c) 公的な検証の結果
    d) 即座の伝達のため

正解: b) 簡潔で限られた内容のため

解説: ソーシャルメディアのメッセージの簡潔さは、謝罪が表面的または不誠実に見える可能性があるとされます。

  1. ソーシャルメディアを通じた謝罪の公的な性質は、公共の人々にどのような影響を及ぼしますか?
    a) 謝罪の効果を減少させる
    b) 公的な検証から解放する
    c) 評判を維持するのに役立つ
    d) 対面での対話を不要にする

正解: a) 謝罪の効果を減少させる

解説: ソーシャルメディアの謝罪の公的な性質は、謝罪の効果を減少させる可能性があります。

  1. ソーシャルメディアの速いペースが謝罪にどのような影響を及ぼす可能性がありますか?
    a) 紛争を迅速に解決するのに役立つ
    b) 公の意見に持続的な影響を与える
    c) 一時的な怒りと許容の循環に貢献する
    d) 公共の人々がソーシャルメディアを謝罪に使用するのを妨げる

正解: c) 一時的な怒りと許容の循環に貢献する

解説: ソーシャルメディアの速いペースは、謝罪と反証の循環に影響を及ぼす可能性があります。

  1. ソーシャルメディアを通じた謝罪の効果をどのように改善できますか?
    a) 公的な検証を避けることによって
    b) 謝罪の中で複雑な言語を使用することによって
    c) 具体的な対処策を取ることによって
    d) 謝罪を簡潔で短く保つことによって

正解: c) 具体的な対処策を取ることによって

解説: ソーシャルメディアを通じた謝罪の効果は、具体的な対処策を取ることによって改善される可能性があります。

TOEIC Part 7 – 3 (translation)

公共の人物がソーシャルメディアを利用して謝罪を発表する傾向

近年、公共の人物の間で、行動や発言に対して謝罪を発表する手段としてソーシャルメディアプラットフォームを利用する顕著な傾向が見られます。この謝罪のダイナミクスの変化は、その謝罪の誠実さと効果についての疑問を引き起こしています。一方で、ソーシャルメディアの利用によって、公共の人物は迅速に聴衆に対応し、公共のフォーラムで自身の行動に責任を取ることができます。これはフォロワーとの直接的なコミュニケーションの手段を提供し、謝罪を即座に広めることができます。しかし、ソーシャルメディアのメッセージの簡潔さは、謝罪が表面的または不誠実に見える場合があり、より包括的な謝罪が伝えるべき反省や悔恨の深さを欠いていることがあります。さらに、これらの謝罪の公的な性質は公的な検証と判断を招き、公共の人物に対して、誠実であるだけでなく、聴衆から良く受け入れられる謝罪を作り上げる圧力を高める可能性があります。


謝罪の効果に及ぼす影響

ソーシャルメディアを通じた謝罪の発表の傾向は、説明責任の問題とも交差しています。ソーシャルメディアは公共の人物に謝罪する手段を提供する一方で、対面での直接的で個人的な説明責任を回避する印象を与える可能性もあります。これは、謝罪の効果を妨げることがあり、個人はこれを公共の人物が顔を保つための便利な方法や評判を守る手段と見なすかもしれません。さらに、ソーシャルメディアの速いペースは、一時的な怒りと許容の循環に寄与する可能性があります。公衆の関心が新しい出来事やトピックに移る中で、ソーシャルメディアを通じて発表された謝罪はすぐに忘れ去られ、有意義な変化や和解を促す影響が減少する可能性があります。最終的に、ソーシャルメディアは公共の人物が自身の過ちに対処するプラットフォームを提供しますが、その謝罪の効果は反省の深さ、認識される誠実さ、そして状況を正すための具体的な行動を取る意欲など、さまざまな要因に依存します。

TOEIC Part 7 – 4 (passage)

Passage: The Trend of Public Figures Using Social Media to Issue Apologies

Paragraph 1: The Digital Apology Era

In the age of social media, public figures are increasingly turning to digital platforms to issue apologies for their mistakes and controversies. This trend has reshaped the way apologies are delivered and received by the public. The immediacy and accessibility of social media allow public figures to address their audiences directly, bypassing traditional media channels. This approach can provide a sense of authenticity and personal connection, as the apology comes directly from the individual involved. However, the effectiveness of such apologies is a subject of debate, as the digital landscape presents both advantages and challenges.

One advantage of social media apologies is their potential to reach a vast audience in real time. Public figures can swiftly respond to unfolding events, demonstrating accountability and a willingness to address concerns. Additionally, the interactive nature of social media enables direct engagement with followers, allowing for clarifications and follow-up actions. However, the brevity of social media posts and the potential for misinterpretation pose challenges. Complex issues and nuanced emotions may not be fully conveyed through a limited character count, potentially undermining the sincerity of the apology.


Paragraph 2: The Paradox of Digital Apologies

While social media apologies offer a direct line of communication, they also come with potential pitfalls. The public’s perception of authenticity plays a crucial role in the effectiveness of an apology. Some argue that social media apologies can be perceived as insincere, as they may be crafted by public relations teams and lack the depth of a face-to-face apology. The use of formal language and the absence of nonverbal cues can contribute to this perception. Moreover, the rapid pace of social media may lead to apologies being overshadowed by subsequent posts or news, diluting their impact.

The paradox of digital apologies lies in the balance between accessibility and authenticity. Public figures must carefully consider the wording, tone, and timing of their apologies to ensure they resonate with their audiences. The digital era requires a thoughtful approach to reconciling the benefits of direct communication with the challenge of conveying genuine remorse. Ultimately, the impact of social media apologies hinges on the public’s willingness to accept them as meaningful expressions of accountability and the potential for growth.


New Perspective: The Evolution of Forgiveness in the Digital Age

The rise of social media apologies raises questions about how forgiveness is perceived and practiced in the digital age. As public figures navigate the complexities of issuing apologies online, society is also adapting its expectations and responses. The digital space provides a platform for public discourse and reflection on matters of accountability and redemption. This perspective prompts a broader discussion about the role of forgiveness, understanding, and the potential for personal growth in a world where the boundaries between public and private are becoming increasingly blurred.


Excel Chart: Effectiveness of Social Media Apologies

AspectAdvantageChallenge
ReachSwiftly addresses a vast audience in real timeBrevity may hinder conveying complexity and nuance
InteractionEnables direct engagement and clarificationsLimited character count may undermine sincerity
AccessibilityBypasses traditional media channelsPerception of insincerity due to PR involvement
AuthenticityProvides a sense of authenticity and personal connectionLack of nonverbal cues and formal language
Timing and overshadowingSwift responses but may be overshadowed by subsequent newsRapid pace of social media may dilute impact

TOEIC Part 7 – 4 (questions)

  1. What is a key advantage of using social media for public figures to issue apologies?
    a) It allows for crafting formal language
    b) It bypasses traditional media
    c) It guarantees nonverbal cues
    d) It provides face-to-face interaction
  2. Which challenge of social media apologies is highlighted in the chart?
    a) Swiftly addressing a vast audience
    b) Direct engagement with followers
    c) Conveying complexity in limited space
    d) Bypassing traditional media
  3. What does the passage consider a potential pitfall of social media apologies?
    a) Rapid pace of social media
    b) Crafting formal language
    c) Lack of authenticity
    d) Engaging directly with followers
  4. The term “paradox” in the passage refers to the:
    a) effectiveness of social media apologies
    b) balance between accessibility and authenticity
    c) absence of nonverbal cues in digital communication
    d) perception of insincerity due to PR involvement
  5. According to the passage, what role does forgiveness play in the context of social media apologies?
    a) It is easily obtained through digital interactions
    b) It has evolved in response to the digital age
    c) It is perceived as less significant in the online realm
    d) It is discouraged due to the lack of face-to-face interaction

TOEIC Part 7 – 4 (answers)

  1. 公人が謝罪を発表するためにソーシャルメディアを使用する際の主な利点は何ですか?
    a) 形式的な言葉の作成が可能です
    b) 伝統的なメディアを迂回します
    c) 非言語的な合図を保証します
    d) 対面での相互作用を提供します

解答: b) 伝統的なメディアを迂回します

説明: ソーシャルメディアを使用することで、公人は伝統的なメディアを迂回し、直接観衆にアプローチすることができます。これにより、謝罪が個人から直接来ているという感覚と個人的なつながりが提供されます。

  1. ソーシャルメディアの謝罪のどの課題がチャートで強調されていますか?
    a) 広範な観客に迅速に対応すること
    b) フォロワーとの直接の関与
    c) 限られたスペースで複雑さを伝えること
    d) 伝統的なメディアを迂回すること

解答: c) 限られたスペースで複雑さを伝えること

説明: チャートでは、ソーシャルメディアの投稿の簡潔さと、複雑な問題や微妙な感情が限られた文字数で十分に伝わらない可能性があるという課題が強調されています。

  1. パッセージでは、ソーシャルメディアの謝罪のどの要因が潜在的な落とし穴と見なされていますか?
    a) ソーシャルメディアの速いペース
    b) 形式的な言語の作成
    c) 誠実さの欠如
    d) フォロワーとの直接の関与

解答: d) フォロワーとの直接の関与

説明: パッセージでは、ソーシャルメディアの謝罪が、公共関係チームによって作成される可能性があり、対面での謝罪の深さを欠いていると認識される可能性があると述べられています。

  1. パッセージ中の「パラドックス」という言葉は何を指していますか?
    a) ソーシャルメディアの謝罪の効果
    b) アクセシビリティと誠実性のバランス
    c) デジタルコミュニケーションでの非言語的な合図の欠如
    d) 公共関係の関与による誠実さの認識

解答: b) アクセシビリティと誠実性のバランス

説明: パッセージでは、ソーシャルメディアの謝罪の効果とアクセシビリティと誠実性のバランスの間のバランスについての言及が「パラドックス」として言及されています。

  1. パッセージによると、ソーシャルメディアの謝罪の文脈での許しの役割は何ですか?
    a) デジタルインタラクションを通じて簡単に得られます
    b) デジタル時代への反応として進化しています
    c) オンライン領域での重要性が低いと認識されています
    d) 対面での相互作用の不足のために非推奨です

解答: b) デジタル時代への反応として進化しています

説明: パッセージでは、ソーシャルメディアの謝罪の台頭が、デジタル時代における許しの認識と実践がどのようにされているかについての疑問を提起しています。公人がオンラインで謝罪を発表する複雑さを乗り越える中で、社会もその期待と反応を適応させています。

TOEIC Part 7 – 4 (translation)

パッセージ: ソーシャルメディアを利用した公人の謝罪のトレンド

段落1: デジタル謝罪の時代

ソーシャルメディアの時代において、公人たちは誤りや論争に対する謝罪を発表するためにデジタルプラットフォームにますます頼るようになっています。このトレンドは、謝罪の配信と受信方法を公衆によって変えました。ソーシャルメディアの即時性とアクセシビリティにより、公人は伝統的なメディアチャンネルを経由せずに直接観衆に対処することができます。このアプローチは、謝罪が直接関与する個人から提供されるため、認証感と個人的な接続感を提供することができます。しかし、そのような謝罪の効果は議論の対象であり、デジタルの景色は利点と課題の両方を提供しています。

ソーシャルメディア謝罪の一つの利点は、リアルタイムで広範な観衆に到達する可能性があることです。公人は迅速に展開する出来事に対応し、責任を示し、懸念に対処する意思を示すことができます。また、ソーシャルメディアの対話的な性質により、フォロワーとの直接的な関与が可能であり、説明やフォローアップアクションが可能です。ただし、ソーシャルメディアの投稿の簡潔さと誤解の可能性がある課題があります。複雑な問題や微妙な感情は、限られた文字数では十分に伝えられない可能性があり、その結果、謝罪の誠実性が損なわれる可能性があります。


段落2: デジタル謝罪の逆説

ソーシャルメディア謝罪は、直接的なコミュニケーション手段を提供する一方で、潜在的な落とし穴も伴います。誠実さの公共の認識は、謝罪の効果において重要な役割を果たします。一部の人々は、ソーシャルメディア謝罪は公共関係チームによって作成され、対面での謝罪の深さを欠いていると認識される可能性があると主張しています。形式的な言語の使用と非言語的な合図の不在が、この認識に寄与する可能性があります。さらに、ソーシャルメディアの速いペースにより、謝罪が次の投稿やニュースによって、かき消される可能性があり、その影響が薄まる可能性があります。

デジタル謝罪の逆説は、アクセシビリティと誠実性のバランスの間にあります。公人は謝罪の言葉遣い、トーン、タイミングを慎重に考える必要があり、その謝罪が観衆に響くことを確保するために検討する必要があります。デジタル時代では、直接のコミュニケーションの利点と本物の後悔を伝える課題を調和させるための思慮深いアプローチが求められます。最終的に、ソーシャルメディア謝罪の影響は、観衆がそれらを責任の意味深い表現と成長の可能性として受け入れる意欲にかかっています。


新しい視点: デジタル時代の許しの進化

ソーシャルメディア謝罪の台頭は、デジタル時代における許しの認識と実践がどのようにされているかについての疑問を提起しています。公人たちがオンラインで謝罪を発表する複雑さを乗り越える中で、社会もその期待と反応を適応させています。デジタル空間は、責任と救済の問題に関する公共の対話と反省のプラットフォームを提供しています。この視点は、許し、理解、そして個人の成長の役割に関する広範な議論を促し、公共と私的の境界がますますぼやけつつある世界における意味を考えるものです。


Excelチャート: ソーシャルメディア謝罪の効果

要因利点課題
到達リアルタイムで広範な観衆に届く可能性限られた文字数では複雑さや微妙な感情を伝えるのが難しい
対話直接的な関与と説明が可能限られた文字数では謝罪の誠実さが損なわれる可能性がある
アクセシビリティ伝統的なメディアチャンネルを回避する公共関係の関与による誠実性の認識
誠実さ認証感と個人的な接続感を提供する非言語的な合図の不在と形式的な言語の使用
タイミングと overshadowing迅速な対応が可能だが次のニュースで overshadowed される可能性があるソーシャルメディアの速いペースが影響を薄める可能性がある
スポンサーリンク

[広告]
確かな英語力は、日々の継続から。
その継続を後押しする、第二言語習得理論に基づいた
オンライン英語学習プログラムがあります。
英語を使う人のための、確実なスキルアップが望める
7日間の無料体験はこちらから!

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました