「-ly」が付かない副詞と「hardly」 英語文法解説 中級編 part 101

文法解説-中級編
学習塾での指導歴8年以上の筆者が、
塾に通う中・高生たちから、「分かりやすい!」
評判の英文法解説を、記事にしました。

参考にするテキストは、ケンブリッジ大学で出版している
文法書シリーズです。初級編・中級編・上級編を、それぞれ
解説していきます。

簡単なイラストを交えながら、読む人にとって分かりやすく、
易しい文法解説をしたいと思っています。

中学生の学校の復習はもちろん、高校生のテスト対策
社会人の英語の学び直しまで、用途に合わせて使える
英語の文法学習を提供出来れば良いなと思っています。
ぜひ、ご活用下さい!

スポンサーリンク

第101回:「-ly」が付かない副詞と「hardly」を使った表現

単語の使い方として、それぞれの表現を確認してみましょう。

Q. この記事で、一番大事なことって何?

A. 大事なことを、1枚の画像にまとめました。

いちいちノートにまとめるのが面倒だという方、また、
ノートにまとめることが苦手だという方は、ご活用ください。

副詞の使い方のまとめ画像

確かな英語力は、日々の継続から。
その継続を後押しする、第二言語習得理論に基づいた
オンライン英語学習プログラムがあります。
英語を使う人のための、確実なスキルアップが望める
良心設計の月額サービスは、こちらから。

Q. 「-ly」が付かない副詞があるって本当?

A. ホントです。

形容詞としても、副詞としても使われる単語になります。
どんな言葉があるのか、確認してみましょう。

形容詞であり、副詞でもある言葉

  • well
    形)体調が良い
    副)良く
  • fast
    形)速い
    副)速く
  • hard
    形)硬い、難しい
    副)熱心に、懸命に
  • late
    形)遅れた、遅い
    副)遅く

「well」は、過去分詞と一緒に使われることもあります。
ex) well dressed , well known , well-educated など

「late」に「-ly」を付けてしまうと、
「lately:最近」と、意味が変わってしまいます。

また、「hard」に「-ly」を付けても、
意味が変わってしまいます。詳しく見てみましょう。

「hardly」の意味と使い方

  • hardly:ほんの少し、ほとんどない
    :I can hardly 〇〇
    → 難しすぎて〇〇出来ない
「hardly」を使った表現
  • hardly + any / anybody / anyone / anything / anywhere
    :ほとんど〇〇ない
  • hardly ever
    :ほぼ確実に〇〇しない
    ex) I’m nearly always at home in the evenings. I hardly ever go out.
    (私は、夕方は大体家にいる。ほぼ確実に外出はしない。)

例文も見ながら、表現の確認を進めてみましょう。

英語のミスを、しっかり矯正したいですか?
このオンライン英会話スクールでは、
レッスン時に言った内容を、文字に起こして、
丁寧なフィードバックをしてくれるので、
ミスを1つずつ直していくことが出来ます。
ミスを直し、ワンランク上の英語力を身につけるなら、
こちらのオンライン英会話は、いかがでしょうか?

Q. これらの表現を使うと、どんな文ができるの?

A. 例文を何個か書いておきます。

  • I didn’t sleep well last night.
    (私は昨晩はよく寝られなかった。)
  • I’m surprised you haven’t heard of her. She is quite well-known.
    (彼女のことを聞いたことが無いなんて驚きだ。彼女は有名だよ。)
  • I’m tired because I’ve been working hard.
    (一生懸命働いているから、疲れてきた。)
  • Don’t walk so fast. I can’t keep up with you.
    (そんなに速く歩かないで。ついていけないから。)
  • You’re speaking very quietly. I can hardly hear you.
    (声が小さいですね。ほとんど聞き取れないですよ。)
  • I hate this town. There’s hardly anything to do and hardly anywhere to go.
    (私はこの街が嫌いだ。何もすることが無いし、行く場所も無い。)

TOEICのスコアを上げたいけれど、
まとまった勉強時間が取れなくて困っている…
なら、細かいスキマの時間を使いながら、
少しずつスキルを積み重ねてみてはどうでしょう。
スマホ1つでスコアアップが出来る、
オンライン講座のリンクはこちらから。

Q. これらの表現は、どんな時に使えるの?

A. この表現が使える場面をイラストにしてみました。

イラストで分かる「hardly」の使い方

海外ドラマは、英語の勉強に最適!
お気に入りのドラマの字幕を見ながら、
楽しく会話表現の勉強をしてみてはどうでしょう?
動画配信サービスの無料お試し期間で、
ドラマを使った勉強法が自分に合っているか
試してみても良いと思います。

補足:イラストの日本語訳

※注)多少、意訳しております。

I can hardly change my situation any more.
(これ以上自分の状況を変えることは出来ないんだ…)

Why do you think so? You are doing many things lately.
(何でそう思うの?最近色々なことを実践してるじゃん。)

Because I could hardly obtain any result from what I did.
(だって、自分が実践したことの成果が全く無かったんだ。)

I think what you did recently is a good thing.
(最近君がしてたことは良いことだと思うよ。)

Even if it is a good thing, it’s no use to continue unless I could get results.
(良いことだったとしても、結果が得られなければ続けても無駄だと思う。)

To keep doing it is an option. What you’re doing now might be
a thing that you can’t do in the future.
(続けるのもありだと思うよ。今していることは、
未来で出来なくなる事かもしれないし。)

国内にいながら、海外留学さながらの体験が出来るプランがあります。
第二言語習得理論に基づいた、最も効率的な英語学習を、
国内のホテルで、かつ、短期集中で取り組むことが出来ます!
週末の手頃な非日常体験として、国内での留学体験はいかがでしょうか?
そんな、ホテル滞在型、国内留学プランの申込みは、こちらから。

Q. この記事の要点は?

「-ly」の付かない副詞や「hardly」の使い方を確認しました。

「hardly」には、様々な表現があるので、
どの表現も活用できるようになると便利です。
「not」が無くても、「〇〇ない」という否定の意味になるので、
慣れるまでは大変かもしれませんが、練習を積み重ねてみましょう。

文法は、スポーツで言うところのルールブックみたいなもの。
英語学習のゴールは、英語を使えるようにすること!
英語を使うとは、スポーツで言うと、試合に出るようなもの。
試合にでる、つまり、会話で活用できるようにするためには、
練習をしないといけません。
文法を自由自在に活用するために、
第二言語習得理論という学問の観点から作られた、
一人でもスピーキングの基礎練習ができる参考書があります。
参考書も、自分に合った物を選ぶことが大切ですが、
英会話に割く時間がない方は、
この参考書で、一人でも英会話の練習が出来るはずです

次回の文法解説は?

この記事を作る際に参考にした文法の解説書になります。
すべて英語で書かれていますが、練習問題が付いてます。
イギリス英語なので、スペル等の表記が異なる部分もありますが、
「使い方を練習したい」「繰り返し問題を解きたい」
という方は、使ってみても良いかもしれません。

自分の英語力は向上させたいけれど、
なかなか勉強の習慣が身につかない…
英語の資格を取りたい
けれど、
いつも途中で挫折してしまう…
ならばいっそのこと、
専属の講師に勉強の管理も任せて、
期間限定かつ、短期集中で、
トレーニングをしませんか?
資格取得に特化した英語塾のリンクは
こちらから。

関連記事一覧

日本人の講師と学んで英語を使う不安を減らし
ネイティブの講師とのレッスンで、学んだことを活用する
そんな、体系的な英会話のレッスンを提供している、
オンライン英会話スクールのリンクはこちら。

他の文法解説記事を検索できます。

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました