「so」と「such」の違い 英語文法解説 中級編 part 102

文法解説-中級編
学習塾での指導歴8年以上の筆者が、
塾に通う中・高生たちから、「分かりやすい!」
評判の英文法解説を、記事にしました。

参考にするテキストは、ケンブリッジ大学で出版している
文法書シリーズです。初級編・中級編・上級編を、それぞれ
解説していきます。

簡単なイラストを交えながら、読む人にとって分かりやすく、
易しい文法解説をしたいと思っています。

中学生の学校の復習はもちろん、高校生のテスト対策
社会人の英語の学び直しまで、用途に合わせて使える
英語の文法学習を提供出来れば良いなと思っています。
ぜひ、ご活用下さい!

スポンサーリンク

第102回:「so」と「such」を使い分ける。

どちらも似たような意味で使われる言葉ですが、
実は、使い方が異なります。

Q. この記事で、一番大事なことって何?

A. 大事なことを、1枚の画像にまとめました。

いちいちノートにまとめるのが面倒だという方、また、
ノートにまとめることが苦手だという方は、ご活用ください。

「so」と「such」の違いのまとめ画像

確かな英語力は、日々の継続から。
その継続を後押しする、第二言語習得理論に基づいた
オンライン英語学習プログラムがあります。
英語を使う人のための、確実なスキルアップが望める
良心設計の月額サービスは、こちらから。

Q. 「so」と「such」は、どう使い分ける?

A. 「so」と「such」は、それぞれ、
後に続ける言葉が違います。

これら、2つの言葉の違いをよく確認してみましょう。

「so」の場合

  • so + 形容詞/副詞
    →「so」の後には、形容詞や副詞を続ける。
    ex) so nice / so quickly
  • 意味を強める、強調するときに「so」を使う。
    ex) It’s difficult to understand him because he talks so quietly.
    (彼は本当に静かに喋るから、話を理解することが大変だ。)
  • 「so 〇〇 that ~:とても〇〇だから〜」という表現ができる。
    (「that」は省略することも出来る。)
    ex) I was so tired that I fell asleep in the armchair.
    (とても疲れていたから、イスで寝てしまった。)
  • 「so」を「〇〇のような」とか、「こんなに」の意味で使える。
    ex) I don’t usually get up so early.
    (普段はこんなに早く起きない。)
  • 「so long:長い間」
    「so far:こんなに遠く」
    「so much/so many:こんなに多く」
    といった表現が出来る。

「such」の場合

  • 「such + 名詞」
    →「such」の後には名詞を続ける
    ex) such a story
  • 「such + 形容詞 + 名詞」のように、
    形容詞と名詞を続けることも出来る。

    ex) such nice people
    ※ 名詞が1個(単数)なら、「such a 〇〇」のように、
    「a」が必要になる。
  • 意味を強める、強調するときに「such」を使える。
    ex) We had such a good time
    (私達は本当に良い時間を過ごした。)
  • 「such 〇〇 that …:とても〇〇だから…」と使うことも出来る
    (「that」は省略出来る。)
    ex) It was such nice weather that we spent the whole day on the beach.
    (本当に良い天気だったから、一日中浜辺で過ごした。)
  • 「such」を「〇〇のような」とか、「そんな」の意味で使える。
    ex) How can you say such a thing ?
    (何でそんなことを言えるの?)
  • 「そんな〇〇は無い」は「no such」で表せる。
    ex) There is no such word.
    (そんな単語は無い。)
  • 「such a long time…:こんなに長い間」
    「such a long way:こんなに長い道のり」
    「such a lot (of):こんなにたくさんの」
    といった表現が出来る。

例文と合わせて、「so」と「such」それぞれの違いを確認してみましょう。

英語のミスを、しっかり矯正したいですか?
このオンライン英会話スクールでは、
レッスン時に言った内容を、文字に起こして、
丁寧なフィードバックをしてくれるので、
ミスを1つずつ直していくことが出来ます。
ミスを直し、ワンランク上の英語力を身につけるなら、
こちらのオンライン英会話は、いかがでしょうか?

Q. これらの表現を使うと、どんな文ができるの?

A. 例文を何個か書いておきます。

  • Everything is so expensive these days, isn’t it ?
    (最近は何もかもが本当に高いよね?)
  • It was such a boring movie that I fell asleep while I was watching it.
    (本当に退屈な映画だったから、見ている時に寝てしまった。)
  • The food at the hotel was so awful. I’ve never eaten such awful food.
    (ホテルの料理は酷かった。あんな酷い料理は食べたこと無い。)
  • I was so tired that I couldn’t keep my eyes open.
    (本当に疲れていたから目を開けていることも出来なかった。)
  • I’ve got such a lot to do that I don’t know where to begin.
    (本当にたくさんすべきことがあるから、
    どこから始めればいいか分からない。)
  • I was so surprised I didn’t know what to say.
    (本当に驚いたから、何を言うべきか分からなかった。)

TOEICのスコアを上げたいけれど、
まとまった勉強時間が取れなくて困っている…
なら、細かいスキマの時間を使いながら、
少しずつスキルを積み重ねてみてはどうでしょう。
スマホ1つでスコアアップが出来る、
オンライン講座のリンクはこちらから。

Q. これらの表現は、どんな時に使えるの?

A. この表現が使える場面をイラストにしてみました。

イラストで分かる「so」と「such」の使い方

海外ドラマは、英語の勉強に最適!
お気に入りのドラマの字幕を見ながら、
楽しく会話表現の勉強をしてみてはどうでしょう?
動画配信サービスの無料お試し期間で、
ドラマを使った勉強法が自分に合っているか
試してみても良いと思います。

補足:イラストの日本語訳

※注)多少、意訳しております。

I can’t do such a difficult task in such a short time.
(そんな難しい問題をそんな短い時間では出来ないよ。)

Oh, can’t you? I don’t even think that this is a difficult task.
(出来ないの?これが難しいなんて思ったことも無かったよ。)

It’s so difficult for me that I can’t do it like you.
(自分にとっては本当に難しいから君のようには出来ないよ。)

How about finding your own way of dealing with the task?
I think there are so many methods to tackle it too.
(自分なりの取り組み方を探してみたら?
問題の対処法はたくさんあると思うよ。)

I’ve already been doing it, but it also takes so much time for me.
(もう試しているんだけどね、それでも時間がかかるんだ。)

I … am so sorry I can’t understand your situation.
(うん…、ごめん。その状況は理解できないや。)

国内にいながら、海外留学さながらの体験が出来るプランがあります。
第二言語習得理論に基づいた、最も効率的な英語学習を、
国内のホテルで、かつ、短期集中で取り組むことが出来ます!
週末の手頃な非日常体験として、国内での留学体験はいかがでしょうか?
そんな、ホテル滞在型、国内留学プランの申込みは、こちらから。

Q. この記事の要点は?

A.「so」と「such」の違いを確認しました。

後ろにどんな言葉を続けるのかが異なるので、
違いを理解しながら、使い分けられるようにしましょう。

文法は、スポーツで言うところのルールブックみたいなもの。
英語学習のゴールは、英語を使えるようにすること!
英語を使うとは、スポーツで言うと、試合に出るようなもの。
試合にでる、つまり、会話で活用できるようにするためには、
練習をしないといけません。
文法を自由自在に活用するために、
第二言語習得理論という学問の観点から作られた、
一人でもスピーキングの基礎練習ができる参考書があります。
参考書も、自分に合った物を選ぶことが大切ですが、
英会話に割く時間がない方は、
この参考書で、一人でも英会話の練習が出来るはずです

次回の文法解説は?

この記事を作る際に参考にした文法の解説書になります。
すべて英語で書かれていますが、練習問題が付いてます。
イギリス英語なので、スペル等の表記が異なる部分もありますが、
「使い方を練習したい」「繰り返し問題を解きたい」
という方は、使ってみても良いかもしれません。

自分の英語力は向上させたいけれど、
なかなか勉強の習慣が身につかない…
英語の資格を取りたい
けれど、
いつも途中で挫折してしまう…
ならばいっそのこと、
専属の講師に勉強の管理も任せて、
期間限定かつ、短期集中で、
トレーニングをしませんか?
資格取得に特化した英語塾のリンクは
こちらから。

関連記事一覧

日本人の講師と学んで英語を使う不安を減らし
ネイティブの講師とのレッスンで、学んだことを活用する
そんな、体系的な英会話のレッスンを提供している、
オンライン英会話スクールのリンクはこちら。

他の文法解説記事を検索できます。

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました