約1000時間後に難曲が弾ける?ピアノ日記 -独学ピアノ回顧録 17

独学ピアノ日記

せっかくなら、「何も出来なかった…」と、人生を後悔する前に、
「弾きたいと思った曲をピアノで弾けるようになったら、
やっぱり、楽しそうだ!」
と思って始めた、独学のピアノを、日記として記録しています。

幼少期に、エレクトーンを7〜8年程経験してますが、ブランクは15年以上…
クラシックには、一切触れてこなかったのですが、最近になって、
クラシックの魅力にどハマリし、ピアノは、クラシックを一曲ずつ弾いていきます。

この日記の趣旨は、自分が出来るようになったことを振り返って、
モチベーションを保つため。という個人的なものと、
もう一つは、同じように独学でピアノを始めてみたいという方、
独学でピアノを練習しているという方のモチベーションの維持や、
あまりクラシック音楽に詳しくない。という方にも、
興味を持ってもらえるような、情報を発信するというものです。

今まで知らなかった、クラシック音楽の魅力に気づくきっかけになったり、
「自分もピアノを弾いてみたい!」と思ってもらえたなら、
とても嬉しいです!

スポンサーリンク

Diary#17:『インヴェンション 第1番 BWV 772 ハ長調』
バッハの曲の印象は、正確さを追求させられている感じがします。

ここまでの総練習時間、約230〜250時間程

Zoomを使って、いつでも好きな時に、
オンラインレッスンを受けられます!
無理なく、自分のペースで、レッスンを続けるなら、
こちらの、オンラインレッスンはいかがでしょう?

『行列のできるピアノ教室』として人気のある教室を運営する、
ピアニストのレッスンが、DVDで受けることが出来ます!
初心者にも人気の、楽しめるDVDのレッスンは、こちらから。

この曲の作者は誰?

この曲を作った作者に関する情報です。

  • ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
    (1685年3月31日 – 1750年7月28日)

ドイツの作曲家・音楽家。
バロック音楽の重要な作曲家の一人で、
鍵盤楽器の演奏家としても高名であり、
当時から即興演奏の大家として知られていた。
バッハ研究者の見解では、バッハはバロック音楽の最後尾に位置する
作曲家としてそれまでの音楽を集大成したとも評価されるが、
後世には、西洋音楽の基礎を構築した作曲家であり
音楽の源流であるとも捉えられ、日本の音楽教育では「音楽の父」と称された。

アイゼナハ時代 (1685-1695)
ヨハン・セバスティアン・バッハは、
1685年、テューリンゲン地方のアイゼナハで町楽師の末子として生まれた。
バッハ家は200年にわたって50人以上の音楽家を輩出した大家系で、
セバスティアン以前の最大のバッハとされるヨーハン・クリストフも、
当時アイゼナハでJ. S. バッハが洗礼を受けた教会のオルガニストをしていた。

 ・オールドルフ時代 (1695-1700)
9~10歳のとき相次いで両親が没したため、
すでに教会オルガニストとして自立していた長兄に引き取られ、
近くのオールドルフに移った。
ここではすでにアイゼナハで始まっていた学業を続けるとともに、
かつてヨーハン・パッヘルベルに師事した兄から本格的な音楽教育を受けた。
兄からあたえられた教材に満足できず、
兄秘蔵の楽譜を持ち出して夜、毎秘かに書き写した。
という逸話はよく知られている。

・アルンシュタット時代 (1703~1707)
短期間ヴァイマル宮廷で楽師兼従僕を務めたのち、
故郷テューリンゲン地方のアルンシュタットで新教会(現在のバッハ教会)の
オルガニストに就任。1705年には北ドイツのリューベックを訪れ、
マリア教会の大オルガニスト、ディートリヒ・ブクステフーデから
大きな刺激を受けた。オルガン曲とクラヴィーア曲のほか、
教会カンタータの作曲もこの時代に始まった。

・ケーテン時代 (1717~1723)
アンハルト=ケーテン候の宮廷楽長時代で、
職務として『ブランデンブルク』(BWV 1046~1051) をはじめとする多数の協奏曲、
『無伴奏のヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』(BWV 1001~1006) 曲と
『無伴奏チェロのための組曲』(BWV 1007~1012) をはじめとする
さまざまな室内楽を作曲した。
また主に弟子の教育や家庭での演奏を目的として2声と3声の
『インヴェンション』(BWV772~801)、
『平均律クラヴィーア曲集第1巻』(BWV 846~869)、
『イギリス組曲』(BWV806~811)、
『フランス組曲』(BWV812~817) など、
クラヴィーア作品が集中的に書かれた。
最初の妻と死別して1721年に再婚し、新妻に
『アンナ・マクダレーナ・バッハのためのクラヴィーア小曲集』2巻を贈った。
やがて2人のあいだからは、モーツァルトに大きな影響をあたえた
末子ヨーハン・クリスティアン (1735~1782) を含む13人の子供が生まれる。

この曲は、どんな曲?

この曲に関する情報を調べてみました。

  • インヴェンション 第1番 BWV 772 ハ長調

 バッハは完成したインヴェンションの曲集の扉に、
自ら、以下のようにしたためた。

「クラヴィーアの愛好者、とくにその学習希望者に、
(1)二つの声部をきれいに弾きこなすだけでなく、更に上達したならば、
(2)三つのオブリガート声部をも正しく、かつ、手際よく処理し、
あわせて同時にインヴェンツィオをたんに得るだけでなく、
それをたくみに展開し、そしてとりわけカンタービレの奏法をしっかりと身につけ、
しかも、そのかたわら作曲への強い関心をも養うための
明確な方法を教示するところの、正しい手引き。
アンハルト=ケーテン侯宮廷楽長
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ これを完成す。1723年。」

・この曲の解説。
この曲の「インヴェンツィオ(着想)」は、
両声部の模倣によって提示される主題に認められる。
この簡潔な主題は、第2小節で5度高く反復されたり、
第3小節から冒頭部分が摸続進行に使われたりと、
曲全体を通して対位法的に展開できるよう工夫されている。

曲は、3つの主題提示部から構成される。
冒頭6小節の第1提示部のあと、
ト長調~ニ短調~イ短調の第2提示部(第7~15小節)、
イ短調から主調のハ長調へと至る第3提示部(第15~22小節)が続く。

「エラボラツィオ(彫琢)」として、
簡潔な動機を発展的に用いる技法が挙げられる。
例えば、第3小節からの摸続進行では冒頭動機の反行形が用いられ、
さらにこの摸続進行の反行形が第19小節から現れる点、
第15小節から両声部が冒頭動機とその反行形を
交互に模倣する点などに見られるだろう。

スポンサーリンク

この曲の作者が生きた時代は、どんな時代?

この曲の作者が、どんな時代に生きていたのか。
時代背景を調べてみました。

  • 1703年…領主のヴァイマル公ヴィルヘルム・エルンストの弟である
    ヨハン・エルンスト公の宮廷楽団に就職した。
  • 1717年…バッハはケーテンに移り、
    アンハルト=ケーテン侯国の宮廷楽長となった。
  • 1723年…バッハはライプツィヒの聖トーマス教会の
    カントル(キリスト教音楽の指導者)「トーマスカントル」に就任する。
  • 1736年…ザクセンの宮廷作曲家に任命される。
  • 1749年…5月末、バッハ、脳卒中で倒れる。

※バッハは、前々回の、ジャン・フィリップ・ラモーと、
ほとんど同年代に生きた作曲家。

オンラインに慣れてしまって、
もはや、移動するのが面倒くさい…
けど、新しい資格試験は受けてみたい…
そんな時は、スマホ1台で、勉強しませんか?
上達が速い人のメソッドを取り入れた
オンライン通信資格講座はこちらのリンクから。

調べてみて思ったことは…

前回に引き続き、バッハということで、
大まかな印象は、前回書いた通りかなぁ。と。

調べて思うことは、
今と昔では、音楽に対する感性が異なるなぁ。ということが1つ。
「美しさ」の感覚を、バッハが生きた時代には、理論に置いていたり、
音楽教育の1つに組み込んでいたり…

こと、教育という観点で見ると、
教育制度がどういったものだったかは、
まだ調べていないので、よく分からないけれども、
自身が音楽家になることと同様に、
教えるということが普通だったことが読み取れる。
教えることでお金を得ていたのかもしれないけれども…

ひとまず、音楽理論の大元になるのが、バッハであることを考えると、
バッハが音楽を通して描いた調和だったり、
旋律の流れというものが、クラシック音楽の起源なのだなぁ。と思う。
(完全に個人的な見解です。)

スポンサーリンク

この曲を振り返ってみて思うこと

バッハの音楽が好きかどうかは置いておいて、
クラシック音楽を弾くにあたって、一旦、バッハは触れておこう。
みたいなノリで、弾いていた感じです。

ただ、弾いていて思ったのは、右と左をきれいに調和させることが
本当に大切だなぁ。ということ。
また、一旦、どこかで崩れてしまうと立て直せない難しさがあるのがバッハ。
といった感じもする。

バッハを弾いていると、1小節1小節を、
丁寧に積み重ねないといけないことを実感する。
どの楽曲もそうだけれども、バッハは特にそれが強い感じがする。
ノリと勢いでごまかせない難しさがある。

とはいえ、演奏のヒントを見てみると、
「1つの性格やムードに固執することも無く、
奏者が思うように自由に弾けば良い」
ともあって、まぁ、なんとなく曲から伝わる感覚を
表現出来れば良いのだろう。と勝手に思っておく。
きっと、この自由度の高さが
クラシック音楽を弾く時の良いところなのでしょう!

独学で、新しく何かを始めたい!
けど、高いお金は掛けたくない…
そんな時は、月額で、かつ隙間時間で学べる
資格講座の、サブスクサービスはいかがでしょう?
スマホ1つで学べるサブスクサービスはこちらから。

P.S. 自分が使っているコンパクトな電子ピアノに後継機種が出たらしい。
コンパクトなので、インテリアにも最適です。

ピアノに限らず、何か楽器を弾けるようになりたいけど、
近場に楽器店が無かったり、取り扱いが無かったり…
そんな悩みは、楽器の通販サイトで解決!
日本最大級の楽器通販サイトはこちらから。

あなたの周りに、
「いつまでも若々しい」「いつも元気で活き活きしている」
そんな人はいませんか?

なぜ、あの人はいつまでも若々しいのでしょう?
もしかしたら、いつも新しいことに挑戦しているからかもしれません。

挑戦と聞くと、気後れしてしまうかもしれませんが、
言い方を変えると、挑戦、それは、脳トレです。

実は、新しいことに挑戦するとき、脳は一番活性化するのです。
ただ、脳トレと言っても、「何をすれば良いのか分からない」
そんな人もいるかもしれません。
脳トレをしたいけど、何をしようか迷っている。
そんな人に、今、脳科学的に良いとされている趣味があります。

それは、ピアノです。

テレビでよく見かける人気の脳科学者の方が
「脳トレにはピアノが最適」と話しています。

なぜ、ピアノは脳トレに良いのでしょうか?

実は、

ピアノ演奏は右脳や左脳、運動神経を鍛えたり、
落ち着いた穏やかな気持ちで生活できるように
助けてくれる力があるそうなんです。

手は『第2の脳』と言われています。

なぜなら、手は全身の感覚器官の中でいちばん敏感な部分で、
脳(大脳皮質)の面積も一番広いのです。

そのくらい、手と脳は密接に関わっています。

ですから、もしあなたが

「最近もの覚えが悪くて・・・」
「昨日の夕食もすぐに思い出せない」

と、脳の衰えを感じていらっしゃるのなら、

ピアノを通して、この第2の脳である
手=指先を鍛えることをお勧めいたします。

実際に、ピアノを弾くと脳にどんな刺激があるのでしょうか?

ピアノの優れたところは、脳全体を一度に鍛えられる点です。

ピアノを演奏するには、メロディだけでなく、
曲のテンポや音の高さ、
曲の構成などを分析する力がなくてはいけません。

これは、左脳の働きです。

ですからピアノは、右脳だけでなく左脳もいっしょに
働かせることによって
すばらしい演奏ができるのです。

また、右脳と左脳を同時に使うことによって、
脳の持つ能力が最大限に発揮できると言われています。

つまり、ピアノは、あなたの脳を活性化し、
運動神経も活発にします。

脳のたくさんの部分を一気に使うので、
これほど効率よくできる脳トレはないのですね。

だからこそ、脳科学者は
「ピアノが脳トレに最適な趣味」と言っているのです。

しかし、ここで壁があります。

「音楽なんてやったことないし・・・」
「カラオケは得意だけど、楽譜は全く読めない」
「そんなに指が動かない」
「ピアノ教室がどこにあるのか分からないし」

そうなんですよね。

あなたが幼い頃からピアノを弾いていたならともかく。

初心者であれば、ピアノをいきなり始めるのはちょっと・・・
と思ってしまうでしょう。

ところが、そんなあなたにもピッタリの練習方法があります。

・わざわざピアノ教室に出向いて行く必要がない
・覚えに自信がなくても、同じレッスンを何度でも
繰り返し受けられる
・ドレミが全く読めなくても両手でピアノが弾ける
・好きな時間に好きなだけレッスンできる

好きなときに、好きなだけ、
繰り返し同じところを練習できたなら、
きっとピアノの腕前もグングンと上達しそうですよね。

このレッスンDVDは、初めてピアノに触る方のために、
ピアノの弾き方を1から丁寧に解説しています。

ピアノって難しいイメージがありますよね。
でも、あなたがやることは、とってもカンタンです。

自宅で暇なときにDVDを見るだけです。

「見る」「聴く」「弾く」の3ステップに沿って
内容を実践するだけで良いのです。

自分の好きな時間にマイペースに練習をするだけで、
たったの30日で憧れのピアノが弾けるようになります。

「楽譜が読めない」

「音楽の知識がない」

「指が動かない」

というのも全く問題ありません。

講師の海野先生は、初めての方でも取り組めるように、
手の構え方、楽譜の読み方、音楽の知識を

本当に親切に一から教えてくれています。

受講生の多くが弾けたポイントとして、

・繰り返し同じレッスンができるので、覚えが悪くても大丈夫。
・ドレミが読めなくても弾けるので、簡単に弾ける。
・聞いたことのある曲だから弾きやすい。
・先生が優しいので取り組みやすい。
・好きな時間に練習できるので効率が良い。

などを挙げていらっしゃいます。

短期間で上達できるのには、しっかりと理由がありますので、
ぜひその理由をこちらから確かめてみてください。

Zoomを使って、いつでも好きな時に、
オンラインレッスンを受けられます!
無理なく、自分のペースで、レッスンを続けるなら、
こちらの、オンラインレッスンはいかがでしょう?

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました