TOEIC Part 7 対策!(共通テスト対策にも!)無料の長文対策問題6(解説付き)

TOEIC & 共通テスト対策

TOEICの長文対策をしたい!特にPart 7!
と思った時に、表があったりして、対策するにもテキストが…
なんて時代が終わるかも!?
気になったニュースのトピックを活用して、
TOEIC Part 7風の長文問題を作ってみました。
雰囲気、高校生の共通テストの対策にもなりそうです。

らびっと

らびっとです。
英語好き。ピアノと紅茶は趣味です。

英語学習に多くの時間を割いてきて、第二言語習得理論を大学で学んだ経験を活かしながら、英語学習のためのコンテンツや、勉強法を発信しています!

らびっとをフォローする
スポンサーリンク

TOEIC Part 7 – 1 (passage)

Basic Income, a concept gaining popularity in recent years, is seen as a potential solution to tackle social inequality and establish a minimum standard of living for all individuals. The idea behind Basic Income is straightforward: every citizen, regardless of their economic status, receives a regular unconditional payment from the government. By providing this financial safety net, Basic Income aims to reduce poverty, bridge income gaps, and empower individuals to pursue education and meaningful work. Proponents argue that it can enhance social stability, promote entrepreneurship, and reduce bureaucratic complexities in welfare systems. However, critics express concerns about its feasibility and potential disincentive for work. Despite the ongoing debate, various pilot projects worldwide are exploring its impacts on societies and economies, shedding light on the potential of Basic Income as a tool for building a fairer and more equitable future.

TOEIC Part 7 – 1 (questions)

  1. What is the primary purpose of Basic Income?
    a) Encouraging competition in the job market
    b) Supporting individuals regardless of their financial status
    c) Reducing government spending on social welfare programs
    d) Limiting access to education for economically disadvantaged citizens
  2. According to the passage, what potential benefits can Basic Income bring to society?
    a) Increased poverty and income gaps
    b) Enhanced social stability and entrepreneurship
    c) Higher administrative complexities in welfare systems
    d) A guaranteed source of unlimited government funds
  3. What are critics concerned about regarding Basic Income?
    a) Its potential impact on social stability
    b) The reduction of bureaucratic complexities
    c) The feasibility of implementing the concept
    d) Its positive effects on encouraging work

TOEIC Part 7 – 1 (answers)

  1. b) Supporting individuals regardless of their financial status

Explanation: The passage states that Basic Income involves providing every citizen, regardless of their economic status, with a regular unconditional payment from the government. This ensures support for individuals regardless of their financial standing.

  1. b) Enhanced social stability and entrepreneurship

Explanation: The passage mentions that proponents believe Basic Income can enhance social stability and promote entrepreneurship, among other benefits. These potential advantages are seen as positive outcomes of implementing the concept.

  1. c) The feasibility of implementing the concept

Explanation: The passage mentions that critics have concerns about the feasibility of Basic Income as a policy. It is one of the issues that opponents raise when discussing the potential drawbacks of this idea.

TOEIC Part 7 – 1 (translation)

ベーシック・インカムは近年人気を集めている概念であり、社会の不平等を解消し、すべての個人に最低限の生活水準を確保するための潜在的な解決策と見なされています。ベーシック・インカムのアイディアは簡単で、経済的地位に関係なく、すべての市民が政府から定期的かつ無条件の支給を受け取るというものです。この財政的な安全ネットを提供することで、基本所得は貧困を減少させ、所得格差を縮小し、教育や意義のある仕事を追求する個人の力を強めることを目指しています。支持者たちは、ベーシック・インカムが社会の安定を向上させ、起業を促進し、福祉制度の煩雑さを減らすことができると主張しています。しかしながら、批評家たちは実現可能性や仕事へのインセンティブ低下の懸念を表明しています。議論は続いていますが、世界各地でさまざまな試験的なプロジェクトがその社会や経済への影響を探求しており、ベーシック・インカムが公正でより平等な未来を築くための道具としての可能性を明らかにしています。

TOEIC Part 7 – 2 (passage)

Basic Income: A Solution for Social Inequality

In today’s world, social inequality remains a pressing issue, with a significant portion of the population struggling to meet their basic needs. One potential solution that has gained traction in recent years is the concept of a basic income. Basic income is an unconditional cash transfer provided to all citizens or residents, regardless of their employment status or income level. The idea behind this is to ensure a minimum standard of living for everyone and alleviate poverty. By providing a financial safety net, basic income seeks to address the root causes of social inequality and empower individuals to make better life choices.

Supporters of basic income argue that it can contribute to economic stability and social cohesion. When individuals have a guaranteed income, they are more likely to invest in education and vocational training, leading to a more skilled and adaptable workforce. Additionally, basic income can help bridge the income gap, reducing the disparities between the rich and the poor. However, critics raise concerns about the potential cost and the risk of disincentivizing work. They argue that implementing such a system may lead to higher taxes and discourage some individuals from seeking employment. Despite these debates, the idea of basic income continues to spark interest and experimentation in various countries as a potential means to tackle social inequality.

TOEIC Part 7 – 2 (questions)

  1. What is the main purpose of implementing a basic income system?
    A) To encourage people to work harder.
    B) To provide cash transfer to the unemployed.
    C) To ensure a minimum standard of living for everyone.
    D) To increase social disparities.
  2. Who would be eligible to receive a basic income?
    A) Citizens with high income.
    B) All citizens or residents, regardless of their income or employment status.
    C) Only the unemployed individuals.
    D) Skilled workers seeking vocational training.
  3. What could be a potential benefit of implementing a basic income system?
    A) Reducing the workforce’s skills and adaptability.
    B) Discouraging individuals from seeking employment.
    C) Creating social instability.
    D) Encouraging investment in education and vocational training.
  4. What is one concern raised by critics of the basic income concept?
    A) It may lead to lower taxes for the wealthy.
    B) It might not alleviate poverty effectively.
    C) It will result in a more divided society.
    D) It could discourage some people from working.
  5. How is basic income expected to impact social inequality?
    A) By increasing the income gap between the rich and the poor.
    B) By empowering individuals to make better life choices.
    C) By focusing on the root causes of social inequality.
    D) By reducing economic stability and social cohesion.

TOEIC Part 7 – 2 (answers)

  1. システムの基本的な目的は何ですか?
    C) すべての人々の最低限の生活水準を保証すること。
  2. 基本所得を受け取る資格があるのは誰ですか?
    B) 収入や雇用状態にかかわらず、すべての市民または居住者。
  3. 基本所得制度を導入することの潜在的な利点は何ですか?
    D) 教育や職業訓練への投資を促進すること。
  4. 基本所得概念について批判されている点は何か?
    D) 一部の人々が働く意欲を失う可能性があること。
  5. 基本所得は社会的不平等にどのように影響すると予想されていますか?
    C) 社会的不平等の根本的な原因に焦点を当てることによって。

TOEIC Part 7 – 2 (translation)

ベーシックインカム:社会的不平等に対する解決策

現代の世界では、社会的不平等が依然として深刻な問題として残っており、多くの人々が基本的なニーズを満たすことに苦労しています。近年、注目されている潜在的な解決策の1つがベーシックインカムの概念です。ベーシックインカムとは、雇用状況や収入レベルにかかわらず、すべての市民または居住者に対して無条件で提供される現金の給付です。これにより、すべての人々の最低限の生活水準を保証し、貧困を軽減することが狙いとされています。金銭的な安全ネットを提供することで、ベーシックインカムは社会的不平等の根本的な原因に対処し、個人がより良い人生の選択をする力を与えることを目指しています。

ベーシックインカムの支持者は、それが経済の安定と社会の結束に寄与すると主張しています。個人が保証された収入を持つ場合、教育や職業訓練に投資する可能性が高くなり、より熟練した適応力のある労働力を生み出すとされています。さらに、ベーシックインカムは所得格差を埋める助けとなり、富裕層と貧困層の間の差を縮小することができます。しかし、批判者たちは、その潜在的なコストと労働意欲を減退させるリスクについて懸念を表明しています。このような制度の導入により税金が増加する可能性があると主張し、一部の人々が雇用を求めなくなる可能性があると考えています。これらの議論にもかかわらず、ベーシックインカムのアイデアは社会的不平等に対処するための潜在的な手段として、さまざまな国で興味を引き、実験が行われ続けています。

TOEIC Part 7 – 3 (passage)

Basic Income: A Path to Tackle Social Inequality

In recent years, the concept of Basic Income has gained traction as a potential solution to address social inequality and ensure a minimum standard of living for all citizens. Basic Income, also known as Universal Basic Income (UBI), is a regular and unconditional cash payment provided to every individual, regardless of their socio-economic background or employment status. Advocates argue that such a system could be instrumental in reducing poverty and bridging the wealth gap, while also fostering individual empowerment and freedom. Critics, however, question its feasibility and the potential disincentive effect on work participation.

Proponents of Basic Income argue that it could serve as a safety net, promoting social justice and equity. By providing every citizen with a basic financial cushion, vulnerable populations, such as the unemployed, disabled, or low-income earners, could lead more dignified lives. Furthermore, a guaranteed income might enable individuals to pursue education, training, or entrepreneurial ventures, fostering personal development and innovation. Advocates also claim that Basic Income could positively impact gender equality, as it may empower women to leave abusive relationships or choose more flexible work arrangements.

On the other hand, skeptics voice concerns about the financial burden and the potential for reduced work incentives. Implementing Basic Income on a national scale could be costly, requiring substantial tax reform and budget allocation. Moreover, critics fear that if everyone receives a basic income regardless of their employment status, it might discourage some individuals from seeking employment or engaging in productive activities, leading to reduced economic growth and productivity. Additionally, opponents argue that Basic Income might not effectively target those most in need, as it provides the same benefit to all citizens, including those who may not require financial assistance.


New Perspective: Basic Income and Technological Unemployment

While Basic Income has been proposed as a means to address social inequality, it has also gained attention in light of technological advancements and the potential for increased job displacement. Automation and artificial intelligence are rapidly transforming industries, leading to concerns about widespread unemployment. In this context, Basic Income has been seen by some as a potential tool to mitigate the impact of technological unemployment, ensuring that individuals can still meet their basic needs even in a changing job market. This perspective opens up discussions about the evolving nature of work and the role of government in supporting citizens during periods of economic transition.

TOEIC Part 7 – 3 (questions)

  1. What is Basic Income, or Universal Basic Income (UBI)?
    a) A conditional cash payment provided to unemployed individuals.
    b) A regular and unconditional cash payment provided to every citizen.
    c) A one-time financial assistance program for entrepreneurs.
    d) A payment provided based on socio-economic background.
  2. According to proponents of Basic Income, how might it impact gender equality?
    a) By providing equal opportunities for all genders in education.
    b) By enabling women to leave abusive relationships.
    c) By offering financial assistance to entrepreneurs.
    d) By promoting social justice for vulnerable populations.
  3. What is a major concern voiced by critics of Basic Income?
    a) Its potential for reducing economic growth.
    b) The burden it places on the government budget.
    c) Its focus on individual empowerment and freedom.
    d) Its impact on technological advancements.
  4. How might Basic Income potentially impact workforce participation?
    a) Encourage individuals to seek more flexible work arrangements.
    b) Result in reduced economic growth due to decreased productivity.
    c) Lead to targeted financial assistance for vulnerable populations.
    d) Foster personal development and innovation through education.
  5. Why do some skeptics question the effectiveness of Basic Income?
    a) They believe it only benefits entrepreneurs and not the unemployed.
    b) They are concerned about its potential impact on gender equality.
    c) They fear it may discourage people from seeking employment.
    d) They view it as a tool to address technological unemployment.

TOEIC Part 7 – 3 (answers)

  1. 基本所得、またはユニバーサルベーシックインカム(UBI)とは何ですか?
    答え:b) すべての市民に定期的かつ無条件の現金支給を行うものです。
    説明:基本所得、またはユニバーサルベーシックインカム(UBI)は、すべての市民に定期的かつ無条件の現金支給を行う制度です。これは、個人の社会経済的背景や雇用状況にかかわらず提供されるものです。
  2. 基本所得の支持者によれば、ジェンダー平等にどのような影響を及ぼす可能性がありますか?
    答え:b) 女性が虐待的な関係から抜け出すことができるようになることにより。
    説明:基本所得の支持者は、女性が虐待的な関係から抜け出すことや、柔軟な働き方を選択することができる可能性を指摘しています。
  3. 基本所得の批判者が主要な懸念として挙げる点は何ですか?
    答え:b) 政府予算にかかる負担を指摘していること。
    説明:基本所得の批判者は、基本所得を全国的に実施するためにかかる費用や政府予算への負担を指摘しています。
  4. 基本所得は労働参加にどのように影響する可能性がありますか?
    答え:a) 個人がより柔軟な働き方を求めることを促進する可能性がある。
    説明:基本所得が提供されることで、個人がより柔軟な働き方を選択することができる可能性があります。これにより、個人の働く方法が多様化し、労働参加が増える可能性があります。
  5. 基本所得の効果について疑問を持つ理由は何ですか?
    答え:c) 人々が雇用を求めなくなる可能性を懸念しているからです。
    説明:基本所得の効果について疑問を持つ理由の一つとして、人々が基本所得を受け取ることで雇用を求めなくなる可能性を懸念している点があります。これにより、経済的な動機が減退し、労働参加が減少する可能性が指摘されています。

TOEIC Part 7 – 3 (translation)

基本所得:社会的格差解消と最低生活基準確保への手段

近年、基本所得という概念が、社会的格差解消と全ての市民に最低生活基準を保障するための潜在的な解決策として注目を集めています。基本所得、またはユニバーサルベーシックインカム(UBI)とも呼ばれるものは、社会経済的背景や雇用状況にかかわらず、すべての個人に定期的かつ無条件の現金支給を行う制度です。支持者は、このような制度が貧困削減や富の格差縮小に有効であり、個人のエンパワーメントと自由を促進するのに役立つと主張しています。一方で、批判者はその実現可能性や労働参加への潜在的な減退効果に疑問を呈しています。

基本所得の支持者は、それが社会的正義と公平を促進する安全網となりうると主張しています。すべての市民に基本的な経済的なクッションを提供することで、失業者、障害者、低所得者などの弱者層がより尊厳ある生活を送ることができるという点が挙げられます。さらに、保証された所得は、個人が教育、トレーニング、または起業の道を選ぶことができるようにし、個人の成長とイノベーションを促進する可能性があります。支持者はまた、基本所得がジェンダー平等にもポジティブな影響を及ぼすと主張しており、女性が虐待的な関係から抜け出すことや柔軟な働き方を選択することができるようになる可能性を指摘しています。

一方、懐疑的な立場からは、その財政的負担と労働へのインセンティブ減退の懸念が示されています。基本所得を全国的に実施するには、相当な費用がかかり、税制改革や予算配分が必要となるかもしれません。さらに、批判者は、雇用状況にかかわらず全ての市民が基本所得を受け取ることになるため、一部の個人が雇用を求めないか生産的な活動に参加しない可能性があると懸念しています。また、基本所得が最も必要な人々に効果的に対処できないかもしれないという点も批判の対象とされており、経済的支援が必要ない人々にも同じ利益が提供されるという側面が指摘されています。


新しい視点:基本所得と技術的失業

基本所得は社会的格差解消の手段として提案されてきましたが、近年では技術の進化とそれに伴う失業の増加に関連して注目されています。自動化と人工知能によって産業が急速に変革される中、広範な失業の懸念が生じています。この文脈において、基本所得は技術的失業の影響を緩和するための手段として、個人が経済的ニーズを満たし続けることができるようにする可能性があると考えられています。この視点は、働き方の進化と経済的転換期における政府の市民支援の役割についての議論を展開します。

TOEIC Part 7 – 4 (passage)

Passage: Basic Income – A Path to Addressing Social Inequality

Paragraph 1: Introduction to Basic Income

Basic Income, also known as Universal Basic Income (UBI), is a proposed social welfare program that has gained traction as a means to address social inequality and ensure a minimum standard of living for all citizens. The core idea behind Basic Income is straightforward: every eligible individual in a society would receive a regular, unconditional cash payment from the government, regardless of their socioeconomic status or employment situation. Advocates argue that this approach could alleviate poverty, reduce income disparity, and provide a safety net for those who fall through the cracks of traditional welfare systems.


Paragraph 2: The Potential Impact and Concerns

Proponents of Basic Income believe that it can foster a more equitable society by lifting people out of poverty and empowering them to pursue education, entrepreneurship, and personal development. By guaranteeing a minimum income, individuals may have the financial security to make long-term plans and escape the cycle of poverty. Moreover, proponents suggest that Basic Income could contribute to economic growth as people would have the means to participate more actively in consumer spending.

However, critics raise concerns about the financial feasibility of such a program and the potential disincentive it may create for people to work. They argue that the implementation of Basic Income could lead to higher taxes and burden the economy. Additionally, some skeptics worry that a guaranteed income may discourage some individuals from seeking employment, leading to a reduction in the labor force and overall productivity. Despite these concerns, several pilot projects and experiments are ongoing in various countries to evaluate the impact of Basic Income on societal well-being and economic stability.


New Perspective: The Importance of Social Support Systems

Beyond the discussions of Basic Income, it is essential to recognize that a comprehensive approach to addressing social inequality requires more than just financial assistance. While Basic Income may be a part of the solution, other social support systems such as accessible education, affordable healthcare, and job training programs are equally critical. Combining these initiatives can create a synergistic effect that helps uplift individuals and communities, breaking the cycle of poverty and fostering sustainable progress.


Basic Income Pilot Projects

CountryDurationNumber of ParticipantsKey Findings
Finland2 years2,000Improved well-being and mental health
Canada3 years4,000Small decrease in working hours
India18 months10,000Increased entrepreneurship activities
Kenya4 years20,000Better access to healthcare and education
Germany2.5 years5,500No significant impact on labor market

TOEIC Part 7 – 4 (questions)

  1. What is the core concept of Basic Income?
    a) Regular cash payment for select individuals
    b) Unconditional cash payment for all citizens
    c) Limited financial assistance for the unemployed
    d) Payment based on employment status
  2. What is one of the potential benefits of implementing Basic Income?
    a) Decreased labor force participation
    b) Higher taxes on low-income individuals
    c) Reduced income disparity
    d) Burden on the economy
  3. What concerns do critics raise about Basic Income?
    a) Insufficient funds for implementation
    b) Disincentive for individuals to work
    c) Lack of support from the public
    d) Negative impact on economic growth
  4. Which country’s pilot project saw an increase in entrepreneurship activities?
    a) Finland
    b) Canada
    c) India
    d) Kenya
  5. What is the new perspective presented in the passage?
    a) The importance of financial feasibility
    b) The potential reduction in working hours
    c) The need for comprehensive social support systems
    d) The impact of Basic Income on mental health
  6. Which country’s Basic Income pilot project showed no significant impact on the labor market?
    a) Finland
    b) Canada
    c) India
    d) Germany

TOEIC Part 7 – 4 (answers)

  1. b) 全市民に対する無条件の現金支給
    ベーシックインカムの中心的な概念は、社会的地位や雇用状況にかかわらず、すべての市民が政府から定期的に無条件の現金支給を受けるというものです。
  2. c) 収入格差の削減
    ベーシックインカムの導入による潜在的な利益の一つは、貧困層の人々を救済し、教育や起業、個人的な成長を促進することで、収入格差を減少させることです。
  3. b) 働く意欲の低下
    批評家たちは、ベーシックインカムの実施が働く意欲を減退させる可能性や、経済に負担をかける可能性について懸念を表明しています。
  4. c) インド
    ベーシックインカムのパイロットプロジェクトの中で、起業活動の増加が見られた国はインドです。
  5. c) 総合的な社会的支援体制の必要性
    ベーシックインカムに関する議論だけでなく、社会的不平等に対処するためには、手厚い教育、手頃な医療、職業訓練プログラムなどの総合的な社会的支援体制の重要性を認識することが必要です。
  6. d) ドイツ
    ベーシックインカムのパイロットプロジェクトの中で、労働市場に顕著な影響を及ぼさなかったのはドイツです。

TOEIC Part 7 – 4 (translation)

パッセージ:ベーシックインカム – 社会的不平等に対処する道

パラグラフ1:ベーシックインカムの紹介

ベーシックインカム、または普遍的基本所得(UBI)としても知られるものは、社会的不平等に対処し、すべての市民の最低基準の生活を保障する手段として注目を集めている社会福祉プログラムです。ベーシックインカムの中核的なアイディアはシンプルで、社会のすべての資格を持つ個人が、社会経済的地位や雇用状況に関係なく、政府から定期的かつ無条件の現金支給を受けるというものです。支持者は、このアプローチが貧困を軽減し、所得格差を減らし、伝統的な福祉制度の隙間に落ちる人々に安全網を提供することができると主張しています。


パラグラフ2:可能性と懸念

ベーシックインカムの提唱者は、これが社会的に公平な社会を促進し、人々を貧困から救い出し、教育、起業、個人的な成長を追求する力を与えると信じています。最低所得を保証することで、個人は長期的な計画を立て、貧困のサイクルから脱出するための経済的な安全網を持つことができるかもしれません。さらに、提唱者たちは、ベーシックインカムによって人々が消費支出に積極的に参加できる手段を持つことで、経済成長に寄与する可能性があると示唆しています。

しかしながら、批評家たちは、このようなプログラムの財政的実現可能性や、人々が働く意欲を削ぐ可能性について懸念を示しています。彼らはベーシックインカムの実施が税金の増加を招き、経済を圧迫する可能性があると主張しています。さらに、一部の懐疑派は、保証された所得が一部の個人の就職意欲を減退させ、労働力と全体的な生産性の低下を招くかもしれないと心配しています。それでもなお、さまざまな国でいくつかのパイロットプロジェクトと実験が継続されており、ベーシックインカムが社会の幸福と経済の安定に与える影響を評価しています。


新しい視点:社会的支援システムの重要性

ベーシックインカムに関する議論を超えて、社会的不平等に対処する包括的なアプローチには、単なる財政支援以上のものが必要です。ベーシックインカムが解決の一部であるかもしれませんが、教育の容易な手段、手頃な医療、職業訓練プログラムなどの他の社会的支援システムも同様に重要です。これらの取り組みを組み合わせることで、個人とコミュニティを向上させ、貧困のサイクルを断ち切り、持続的な進展を促す協力効果が生まれるでしょう。

スポンサーリンク

[広告]
確かな英語力は、日々の継続から。
その継続を後押しする、第二言語習得理論に基づいた
オンライン英語学習プログラムがあります。
英語を使う人のための、確実なスキルアップが望める
7日間の無料体験はこちらから!

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました